ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「日本庭園」一人でコツコツ論理力を鍛えよう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。K-damaです。

 

相方が体調不良なので、今日はコツコツできるゲームを試遊していました。

ライナー=クニツィア氏の「日本庭園」です。

 

ゲーム名 日本庭園
作者 ライナー=クニツィア
プレイ時間 5〜20分
プレイ人数 1人
年齢 8歳〜
プレイ感 超軽量級
ルール難易度

正直、個人的に購入したものですが、パズルゲームが苦手ということに

最近気がつきました_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

カルカソンヌはタイル配置ゲームであり、

パズルという訳ではないんですよねー(笑)

 

 

そもそも一人で遊ぶボードゲームが僕に合わないようです。

 

 

これは仕事場に寄付しようかなと思ってます。

子どもたちの方が集中してやりますし、暇を持て余した子なんかが

「一人で遊べるものない?」と聞いてくるのでちょうど良いかと( ̄▽ ̄)

 

ゲーム概要

タイルを配置し、庭園を完成させます。

様々な制約があるので、その制約を乗り越えて完成を目指します。

 

入っているもの

・庭園タイル 7枚

・パズルシート 25枚(両面印刷)

 

ゲーム準備

パズルシートの中から課題を1つを選び、

庭園タイルを自分の前におきます。

1問目は完成(笑)

 

ゲーム進行

庭園タイルをパズルシートの空いているスペースに配置します。

 

 

ちなみにパズルシートに記載されている制約を満たす必要があります。

 

 

正解は1つしかありません。

 

難易度

パズルシートの番号により難易度が違います。

上に行くほど難易度は高いです。

 

制約(課題)

パズルを完成するにあたって、課題を満たす必要があります。

 

・東屋

この道は東屋を通らなければなりません。

 

・陰陽の印

この道は陰陽の印へ通じています。

通じている道はその印のところで、道は途切れています。

 

・橋

この数字と同じ数の橋を通過しなければなりません。

 

・数字

この数字と同じ枚数のタイルを通過しなければなりません。

同じタイルを複数回通る場合は、通過するごとに1枚として数えます。

 

・色付き

もう一つの同じ色の印と繋がっていなければなりません。

 

レビュー

最初は楽しいと思えますが難易度が上がるにつれて僕は飽きました。

 

 

50問ありますのでパズルが好きな人は楽しめます。

 

 

一人用ゲームなので早く解こうとするよりも、じっくり論理的に考えるといいです。

 

 

大人数いるときに「隙間時間に一人でもやれるゲームない?」と

問われたときにあると便利ですね。

 

 

「じゃあこれやろう!」というゲームではなく、

暇だからやる受身的なゲームの印象です。

 

運、確率
戦略性
交渉、立ち回り
心理、ブラフ
相手への攻撃性
コンポーネント
全体評価

 

ポイント・論理的思考力
・1人ゲーム

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2018 All Rights Reserved.