ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【書籍】「さいころ倶楽部13巻」読んだ感想

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。K-damaです。



本日、発売日だったので購入しましたよー「さいころ倶楽部」

本当は1巻から感想を書いた方がよかったのですが、



「鉄は熱いうちに打て」ということで最新刊から書きました( ´∀`)



最初に断りますが、あらすじよりも取り扱われているゲーム紹介がメインです。



強いて言えば、登場人物ではナオちゃんが一押しです(笑)



早速、本題へ入りましょう!



ちなみにルール概要と感想に分けましたが、マンガの内容よりどういったゲームかがメインです。




ブラックストーリーズ

ルール概要

一人が出題者となってカードの裏に書かれている真相を理解します。



他のプレイヤーは結末だけを聞き、出題者に質問をして真相に辿り着くことを目指します。


感想

子ども向きではないですねσ(^_^;)


でも大人同士で推理し合うのは面白いと思います。


カードだけで遊べるので、マンガの中であるように待ち時間や移動中などに楽しめます^ ^



ショッキングな表現があるので人を選びますが…



カロム

ルール概要

ストライカーを指で弾き、自分のパックをボードの四隅にあるポケットに落としていきます。


ビリヤードと近い感覚でできます。



感想

滋賀県の彦根地方で遊ばれているゲームです。このマンガで初めて知りました((((;゚Д゚)))))))



そういう意味では「ごいた」と同じような伝統的な遊びですね^ ^



ビリヤードのような遊びなのでぜひとも購入してやってみたいですが、



ごいた同様高いので考えさせられますが、手に入ったら必ずレビューします(笑)



とりあえず、手頃な値段の方をリンク貼っておきますが純正は2万円くらいです_:(´ཀ`」 ∠):






ベストフレンドS

ルール概要

1人が出題者となり、お題を伝えます。



他のプレイヤーはお題の答えを書きます。その際に出題者の気にいるような答えが求められます。



一番気に入られた答えを書いたプレイヤーに得点が入り、一番多く獲得したプレイヤーの勝利です。


感想

ディクシットが得意な人は好きかもしれませんね( ´∀`)



ただ、相手の心や好きなものを読まないと難しいゲームですので、



これも人を選びますし、初対面には厳しいですね。



合宿や10人くらいの忘年会などで活躍できます٩( ‘ω’ )و



ウェンディゴのこわい話

ルール概要

ウェンディゴ役の一人と他のプレイヤーが隊員となって犯人探しをするゲームです。


感想

これは子どもたちにウケますね・:*+.\(( °ω° ))/.:+



似たようなとこだと人狼なので人狼をやる前にやりたいです!



ウェンディゴは分かっているので、いかに他のプレイヤーを欺くかが盛り上がりますね。



年明けたら購入をしたいと思います^ ^



ちなみに本編はマジでゾワっとしました…







くるりんパニック

ルール概要

旋回して降下してくる電動飛行機をパドルを使い、自分のコインを守りつつ相手のコインを狙うゲームです。


感想

電動のゲームは電気系統で壊れる心配があるのでオススメはしないですね。


しかも、国内では製造していないので入手困難です。



ハードオフなどで見つけて安かったら購入を考える程度です。


まとめ

巻を追うごとに僕の持っていないゲームが多くなってきましたねσ(^_^;)



マンガなので分かりやすいですし今回で言えば、



ブラックストーリーズとカロムとウェンディゴの購入は考えています。



もちろんストーリーも読んでいますが、



話の最後の「すごろくや」の丸田さんの話がブログの参考になるので夢中になります(笑)



ただ、販売元がゲッサン(月刊サンデー)なので本屋さんで置いてある所は少なく、足を使うかネットですね。



地元のTSUTAYAにあったことが奇跡でした!多分、初めて入荷したのでは?



僕の立ち上げた同好会も「さいころ倶楽部」なのでモロパクリです(笑)




非常に参考にしているので今後も注目していきたいマンガです^ ^



この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2018 All Rights Reserved.