ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「タブーコード」居酒屋で活躍できるボードゲーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。K-dama改め、だまです。



2019年になりましたね!
心機一転で名前をひらがなにしました。



こっちの方が覚えやすいですし、呼びやすいかなとσ(^_^;)



先日、新年を迎えて早速、ボドゲ始めをしました。



しかも、居酒屋で!!(笑)



印象としては軽ゲーを4つくらい回すと盛り上がりますね٩( ‘ω’ )و




そのうちの1つが「タブーコード」

ゲーム名タブーコード
サークル名(作者)学校がテロリストに占拠されました
(KENTA MURAYAMA)
プレイ人数2〜8人
プレイ時間約5分(状況やタブーコードによります)
年齢12歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

与えられたタブーコードを言ったりやってしまったら脱落していく。


最後まで残るか「解除」したプレイヤーの勝利。



入っているもの

・カード 30枚


タブーコードは上下に書いてあり、正しい向きがタブーコードになります。

手のアイコンはやってはいけないこと。口のアイコンは話してはいけないこと。



ゲーム準備

1、カードを混ぜ、プレイヤーは1枚ずつ山札から自分に見えないようにカードを引きます。




2、カードを引いたプレイヤーは他のプレイヤーに見えるようにカードを持ちます。正しい向きがタブーコードです。




3、他のプレイヤーのタブーを確認し、全員で「ゲームスタート」を言って開始します。


ゲーム進行と終了

脱落

ゲーム中、タブーコードをしたプレイヤーを見つけた場合は指摘します。



指摘されたプレイヤーはカードを表向きにして脱落しますが会話に入ることは可能です。



解除に失敗したプレイヤーも脱落します。


解除

ゲーム中、自分のタブーがわかったプレイヤーは「解除」と宣言し、カードを表向きにして発表します。


的中すれば勝利です。



レビュー

よく年末年始にあるような「〇〇言ったら1000円」的なノリですね(笑)



ただ、子どもとやるにはハードルがありますし、すぐ釣れます。



そう言った意味では大人でプレイした方が盛り上がります。



僕は新年会で4人でやりましたが、釣られまくってました(笑)



言葉よりもしぐさ系がタブーだと一瞬でしたσ(^_^;)



あとは引き出そう感が出ると停滞するので、カードを逆にしたり、



カードを変えたりしました。そこは臨機応変ですね。ちなみに、

こんな感じでカードスタンドあると便利です。



実は2018秋ゲームマーケットで購入しましたが、予約先着でついてきました!重宝してます・:*+.\(( °ω° ))/.:+

そっとおやすみ」と同じ会話型ゲームなので、



居酒屋はもちろん別のゲームと合わせて遊んでも面白いです^ ^

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性(直接、間接)
コンポーネント
全体評価

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.