ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ラブレター」ボードゲーム導入の王道!ライバルに打ち勝って恋文を届けよう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



年度末はホント忙しいですね。全然子どもと遊べていないし、心に余裕がない。



いっぱいやりたいボードゲームあるのにもったいないです。



気を取り直して今回は「ラブレター」を取り上げます!

帯ついたままでした(笑)
ゲーム名ラブレター
作者カナイセイジ
プレイ時間5〜10分
プレイ人数2〜4人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

プレイヤーは協力者(手札)を上手に選択し最も姫に近づいたプレイヤーの勝利です。



入っているもの

・カード(協力者) 22枚 (その内追加カード6枚)


・トークン 12個


・羽ペンタイル 1枚



ゲーム準備

1、ゲームカードをよく混ぜて山札にします。山札から1枚めくり、脇によけます。

※2人プレイ時は、更に3枚引き公開して山札の脇に置きます。


大臣がキツイんだよな〜

2、各プレイヤーは山札から1枚ずつ引き手札にします。他プレイヤーに分からないようにしてください。



3、羽ペンタイルを立てて落とし、ペンの先が示す方向にいるプレイヤーからスタートです。



ゲーム進行

1、手番が来たら山札から1枚引き、2枚になった手札から1枚選んで場に公開します。



数字が高い方が勝利に近いです。
「道化」を場に出しました。

3、カードに効果が書いてある場合は、効果が発動します。



4、効果を発動したら捨て札として自分の前に置きます。その際、出した順番が分かるように並べます。



5、手番が終了したら左隣のプレイヤーに手番が移ります。



ゲーム終了

①か②どちらかの条件が満たされた場合、ゲーム終了です。

①山札がなくなった時

最後のカードを引いた手番終了時にゲームが終了します。


脱落していないプレイヤーは手札を公開し、カードの強さ(左上の数字)が最大のプレイヤーが勝利です。


最大のプレイヤーが複数いる場合は引き分けです。



②1人以外が脱落した時

最後まで残ったプレイヤーの勝利です。



レビュー

相方が絵を気に入ってたので、購入しました^ ^



手札が1〜2枚しかなく、カードの効果も書かれているのでボードゲームを初めてやる方にはオススメです。



プレイ時間も短いので繰り返してプレイができます。もちろん飲みながらもできるので、僕は重宝しています(笑)



ただ、フリガナが無いので子どもとやる場合は大人も一緒にやりながらアドバイスしてあげると良いですね。



シンプルながらも駆け引きが楽しめる良作です。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
全体評価
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.