ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「バウンスオフ」ただ入れるだけじゃダメ!アクション型ピンポンゲーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



年度末かと思いきやすぐ新年度ですなσ(^_^;)



慌ただしいですが、コツコツとボードゲームを紹介していきますよ!



今回は普段とは違ったアクション型ボードゲーム「バウンスオフ」です。

ゲーム名バウンスオフ
作者不明
プレイ時間10分
プレイ人数2〜4人(ミニは2人)
年齢7歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

入っているもの


・トレー 1
・カード 9枚(ミニ)

・ボール 8個(ミニ)
・ボールホルダー 2個


ゲーム準備

トレーとカードを置き、自分の色を決めてボールをホルダーに並べます。

ゲーム進行と終了

1、カードを引く


2、ボールを1回以上バウンドさせてトレーに着地させます。



ノーバンやトレーに入らないときはやり直しです。



手持ちのボールが無くなったらトレーから1つ戻して使います。




3、カードと同じ並び方に投げ入れたプレイヤーがカードを獲得します。



4、次のカードをめくりチャレンジします。最初に3枚獲得したら勝利です。


レビュー

ボードゲームといえばカード系やボード系などありますが、たまには体を動かすゲームもいいですよ^ ^



何よりあまり考えなくて済むので、7歳〜とはありますが未就学児でもやれますし、3〜4歳でも投げるだけならできます。



意外にもボールのコントロールが難しく能力の差があまり出ない点がオススメですね!

ただし、特に考えることもなので僕は苦手な部類です。



重量級のボードゲームの息抜きならいいかなと思います。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
全体評価
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.