ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【イベント】白楽ボドゲフリマに行ってきたよ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



ツイッターで告知していたので、どうしようかと思ってましたが近いし1〜2個くらいならと参加しました。




残念なことに何も写真を撮らず雰囲気が伝わらないことをご容赦くださいσ(^_^;)




場所は白楽駅から30秒の「Gamez白楽」さんで開催していました。30秒は嘘じゃないです(笑)




12時開始でしたが、混むと予想し遅れて12:20に着きました。整理券をもらい12:45に入場。




やはり狙っていたのは即売り切れで半分くらいしか残ってなかったです。まぁ仕方ないかなと割り切りです!




しかし、知っているものもあれば「こんなゲームあるんだ」と新発見がありました。




今度開催するときは早めに行こうと思った今日この頃でした…




ちなみに1〜2個とか行っておきながら結局、同人ゲーム中心に6個購入しました^ ^



カネと車を用意しろ

SMART500ゲームズのシリーズから出ているゲームです。


犯人と交渉人に分かれてお互いの目的を達成するために心理戦を繰り広げるゲームです。



単純なブラフゲームとも違う、熱い戦いができそうですね。



説明書をチラッと見ただけですが、これで500円で出してたってスゴイですねΣ(゚д゚lll)もっとしてもいいかも。



ちいさいことはいいことだ

これもSMART500ゲームズシリーズですね。



数字カードと計算記号カード(+、−、×、÷)を駆使し小さい数字を作ったプレイヤーにポイントが入るゲームです。



割り算までできれば子どもにも良い計算練習になりそうです。



雰囲気としては親の記号を予想し、数字を選ぶのでポーカーやブラックジャックのように心理戦ですね。




ワンナイト人狼

これは誰もが知る人狼シリーズのミニマム版ですね。



名前が示す通り、夜の部と昼の部が1回しかありませんので、なかなか緊迫感があります。



ミニマム版とは言いましたが、時間や人数的な意味でありゲームとしては一般的な人狼とは少し違います。


特に「怪盗」という役職がキーになってくるでしょう。



これに限らず人狼は種類が豊富なので、いろんな人狼をやってみたいですなぁ( ´∀`)




教会VSマルティン・ルター

このゲームを遊ぶにはトランプが必要です。普通のトランプに飽きたらアクセントとして遊べるトリックテイキングですね。



まだこれからという感じですが、素数や奇数が関係しており、一応数字自体は記載されていますが子どもには様子を見ながらですかねσ(^_^;)




テーマとトリックテイキングに惹かれて購入しました。



ビンジョー×コウジョー

2016年ゲームマーケット大賞のゲームです。新版はアークライトさんから出ていますが、購入したのは初版です^ ^
ちゃんと右上に受賞シールが。



雇用して受注して、建設して増資を繰り返し、世界一の工場長を目指します。




タイトル通り他のプレイヤーに便乗して生産していくことが可能なシステムが特徴です。



プラエトル

色んなとこで目にはついていたのですが、フリマを機会に購入しました。



プレイヤーはローマの技術者となり、都市を建設してくワーカープレイスメントです。



内容はまだ未知数ですが労働者が引退するという特徴を持っています。引退しても年金のような形で賃金を払わねばなりません。



もちろん建設のために労働者も必要で「士気」もあります。色んな要素に気を配らなければならないゲームです。(実生活みたい)




まとめ

以上、6個のボードゲームを紹介しました!



あまり考えず購入していましたが、蓋を開けてみると子どもや初心者の方と遊ぶことが多いので軽いゲーム中心で購入していますね。



それと、なかなか手に入りにくので、同人系のゲームに手が伸びていますσ(^_^;)



大手から出るのもいいですが、個人の作品が広がって同時にボードゲームが広まると夢がありますよね^ ^



初フリーマーケットでしたが、今後は情報を集めて早めに行こうと思います!

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.