ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「どれがいっしょ」すばやく見つけられるか競争だ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




案の定、新1年生が来て忙しくなりましたね〜




ちょっと遊ぶ時間が取れず困ってますΣ(゚д゚lll)




今はただ記事を更新するのみです!というわけで今回は「どれがいっしょ」を紹介します。

ゲーム名どれがいっしょ(デュオ)
作者Reinhard=Stauqe
プレイ時間15分
プレイ人数2〜8人
年齢5歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

色々な絵柄が書かれたカードがあり、どの絵柄も2色で描かれています。色も塗り方も全く同じ組み合わせを探し出し、一番多くのカードを集めたプレイヤーの勝利です。



入っているもの

・カード15枚



ゲーム進行

1、カードをシャッフルし、山札を作ります。



2、カードを2枚取り、青色の面を向けます。





3、全員で一斉に探し、同じ色で同じ組み合わせの絵柄を見つけます。探し出したら全員に分かるように指差しします。

車ですね!

4、正解したプレイヤーは1枚カードを獲得します。不正解の場合は、このラウンドからは退きます。



※ちなみに初回以外は先に出ていたカードを獲得してください。



5、ラウンドの勝者が山札から1枚めくり、次のラウンドを始めます。




ゲーム終了

山札が無くなり、青色のカードが1枚だけになったらゲーム終了です。一番多くカードを獲得したプレイヤーの勝利です。同数は複数勝者です。




レビュー

印象としては「ドブル」のようなイメージです。




ドブルよりは簡単な絵柄になっていて幼児期にでもできるゲームとなっています。(ドブルは回答に困るものが笑)




前回紹介した「バルーンズ」と違い「色の組み合わせ」を見つけなければならないので、バルーンズ→どれがいっしょの流れになります。




これまたカードがしっかりしているので、壊れにくいです。子ども相手だと重宝しますね( ´∀`)




プレイ時間15分と書きましたが、実際は15枚しかカードがないので10分くらいかなと思います。




8人だとギュウギュウなので5〜6人がマックスですかねσ(^_^;)まぁ周りに集まれる範囲内なら何人でもということです。




情報処理という意味では良い教材になりえると思います。




運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
全体評価
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.