ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ガブル」一瞬の隙が勝負を決める読み合いバトル!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




本日、仕事で「同じ地域の支援員さんにボードゲーム紹介する機会があるかも」と主任の方から伝えられ気分が躍りました!




ただ、一部の団体さんから「カード無くすからなぁ」とネガティブ発言…それを見守るのが仕事なんですがねσ(^_^;)




まぁボドゲインフルエンサーとして地道に活動していきます!




てなわけで、本日は先日相方とプレイした「ガブル」を紹介します。

ゲーム名ガブル
作者Akikazu.N
プレイ時間20分
プレイ人数2人
年齢6歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

コマを並べていき1列が埋まるとバトル開始!その列の数字が大きいプレイヤーが勝利し勲章トークンを獲得します。ラウンドを勝利すると勝利点が得られ先に2勝利点獲得したプレイヤーの勝利です。



入っているもの

・ボード 1枚

・勝利点 3枚

・勲章トークン 8個

・コマ 40個(2色×20)


ゲーム準備

1、色を決め、自身のコマを混ぜてての届く範囲に2段ずつ並べます。

2、各プレイヤーは自身の山から3枚引いて自分の前へセットします。スタートプレイヤーを決めて開始です。

ゲーム進行

1、山から1枚引いて、合計4枚から1枚選び、必ず手前から相手に数字が見えないように配置します。


※手駒に「卵」コマがある場合、必ず「卵」コマを先に配置しなければいけません。

3、縦の列がコマで埋まるとバトル開始です。同じ列のコマを全て公開します。数字を足して数字が大きいプレイヤーは勲章トークンを置きます。引き分けはどちらにも勲章トークンを置きます。

緑の勝利!

特殊コマ

・卵コマ

自分の卵がある列で負けると直ちにそのラウンドは敗北します。



・怪獣の手コマ

相手の卵コマと同じ列にある場合、直ちにラウンド勝利です。ただし、相手も怪獣の手がある場合は相殺され、数字での勝負です。



・火山、雷コマ

数字の強弱が逆転し、その列は数字の小さいほうが勲章トークンを獲得します。同じ列に2枚あった場合、強弱は戻ります。




ラウンドの勝利条件とゲーム終了

いずれかの条件を満たすとラウンドが終了し、勝利点を1つ獲得します。


①3つ連続する列で勲章を獲得。
②合計5列で勲章を獲得。
③相手プレイヤーの1行目に侵入。
④相手の「卵」コマがいる列で勝利。
⑤全てのコマを配置し終え、獲得勲章が多い。


先に2勝利点を獲得したプレイヤーの勝利です。




レビュー

第1印象としては「バトルライン」の感覚でした。




勲章を獲得するというシステムは同じですが、バトル方法が違うので違ったゲームとして楽しめます^ ^




バトルラインは役を構築していくポーカーのような感じですが、ガブルは数字の強弱なので子どもでもルールが頭に入りやすいし、




卵、怪獣、火山(雷)があるので単純な数字の戦いでもありません。これは相手がどこに何を置くか考える心理戦です!




数字が高いほど1枚しかなく、使いどころが難しく0が多いので火山(雷)が活躍します。




ただ、卵で負けるとラウンド敗北なので1手1手に慎重になります。




ゲームマーケット2019春では、カードとなって「ガブル レモネード」で発売するそうですので、手に取りやすい価格なのでチャンスですよ( ´∀`)

運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.