ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ワードスナイパー」ボキャブラリーを制すものがゲームを制すワードゲーム

2019/06/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



本日は地区の主任たちの前でボードゲームをクラブに取り入れる際のポイントを伝えたり、「レシピ」をプレイしてもらいました。





反応としては上々で「面白いから取り入れよう」「どこで買うんですか?」などお褒めを頂きましたσ(^_^;)





ボードゲームインフルエンサーとして役割が果たせたかなと感じています。





そんな中、本日は「ワードスナイパー」のレビューをしていきます。

ゲーム名ワードスナイパー
作者小川昌洋
プレイ時間10〜20分
プレイ人数2〜6人
年齢5歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

条件に合う言葉を言えたプレイヤーがカードを獲得していきます。



入っているもの

・カード50枚
左が「お題」右が「文字」


ゲーム準備&ゲーム進行

1、カードの表裏を揃えてシャッフルし、「お題」を表にし山札にします。




2、山札から1枚めくり、裏返して山札の隣に置きます。めくって表示された「文字」と山札に書かれている「お題」から「お題」に合っている文字から始まる言葉を考え発表します。

ニワトリ!

3、最初に発表できたプレイヤーがカードを手元に獲得します。





4、誰も発表できなければ「文字」のカードを残したまま山札からめくります。その際はどの文字から始まる言葉でも回答できます。「文字」カードが無くなるまで回答できることになります。

心臓、陽の光、「さ」は出ないっす!

ゲーム終了&得点計算

山札が無くなり、お題が出せなくなったら終了します。



得点は「文字」面の右上に書かれた数字が得点になります。

これなら4点です

レビュー

引き出し力と瞬発力が必要なゲームですね。ポンポン出る人と全くでない人に別れます。




こういったワードゲームはメンバーを見てプレイしないと盛り上がる人と静かな人の両極端に分かれる可能性があるので注意が必要です。




子どもと遊ぶ場合も5歳〜という割にはフリガナがないのがマイナス点です。大人のサポートが少し必要となります。





慣れれば別の遊び方が2つあるので長く遊べるゲームですね。持ち運びが便利なので活躍できる場は多いです。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
スピード
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.