ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ラマ」ラマには気をつけろ!思い通りにはいかないジレンマゲーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




遂にこのゲームをレビューすることになりましたか‥(笑)




2019年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされて話題になり中々手に入らなかったのですが、供給が安定したかと思われる「ラマ」をレビューしていきます。

ゲーム名ラマ
作者ライナー=クニツィア
プレイ時間20分
プレイ人数2〜6人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

同じ数字か次の数字をプレイしていきます。ラウンド終了時に手札が残っているとマイナスになります。マイナスにならないように気をつけましょう。

入っているもの

(上)チップ 70枚(黒=10ポイント20枚、白=1ポイント50枚)

(下)カード 56(各8枚)

ゲーム準備

1、カードをシャッフルし、各プレイヤーに6枚ずつ配ります。残りは山札にします。




2、山札から1枚めくり捨て山にあるカードを最初のカードとし、スタートプレイヤーを決めます。

ゲーム進行

手番では3つのアクションの内、1つを行います。

カードを1枚プレイ

捨て山のカードと同じ数字か1つ上の数字のカードを出します。ラマは6の次に出すことができ、ラマの上にはラマか1を出すことができます。

この手札なら5を出すことができます

カードを1枚引く

山札から1枚引きます。引くとプレイはできず次のプレイヤーに手番が移ります。山札がなくなるとこのアクションはできません。

降りる

カードをプレイできない(しない)、カードを引かない場合は降りることができます。手札を裏向きにして自分の前に伏せます。

うーん‥降ります!

ラウンドの終了

誰かが手札を使い切る、全てのプレイヤーが降りるとラウンド終了です。1人を除いて全てのプレイヤーが降りた場合、そのプレイヤーだけでプレイしますがカードは引けません。

得点計算

残りのカード、伏せたカードの数値がマイナスポイントになります。ラマは−10ポイントです。ちなみに枚数は関係ありません。

これは17ポイントマイナスです

計算した分、チップを取ります。チップはいつでも両替ができます。なお、手札を全て使い切ったプレイヤーはチップを1枚返却することができます。色は問いません。


ゲーム終了

何ラウンドか行い−40ポイントに達したプレイヤーが出るまで続けます。最もマイナスが少ないプレイヤーの勝利です。


レビュー

あまり新しい作品は購入しないのですが、あまりに話題になっていたので乗っかって買っちゃいました(笑)


どこで降りるかチップをどう返すかが悩ましいゲームです。年間大賞になったら流れが変わるところでしたが惜しかったですね(笑)




手軽にできるので重宝しそうですが、子どもとプレイすると少し盛り上がりに欠けました。




「マイナスを取らないようにする」と「得点を稼いでいく」では加点方式の「得点を稼ぐ」方が盛り上がりますね^ ^




そういった点ではいくつか加点方式のゲームをプレイしてから減点方式のゲームをプレイした方が刺激になり、面白さが伝わります。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.