ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「フリキー」よく見て並べていこう!観察眼が養われるゲーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




横浜市のキッズクラブでなりすまし電話が多発しているようで警戒しています。理由が分かっていないので気持ち悪いですね。





子どもたちが安全安心で過ごすためには色々と考えねばなりません。





本日は「フリキー」のレビューをしていきます。

ゲーム名フリキー
作者Leo=Colovini
プレイ時間15分
プレイ人数2〜5人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

3つの要素の中から共通するカードを配置していき列を獲得していきます。


内容物

・カード 108枚

ゲーム準備

カードをシャッフルし、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。山札から3枚めくり、並べて最初のスタートカードにします。

ゲーム進行

手番には3つのアクションを順番に行います。

カードをプレイする

1枚ずつプレイします。
(配置のルール)
①その列の最後のカードの3つの要素(数字・円の色・背景色)の内、最低1つが一致していなければなりません。



②今ある列のどこにも置けない場合は、新たに列を作ることができます。

数字が合っています
円の色があっています

列のカードを獲得する(任意)

各列のカードを見て、同じ列に同一の要素が最低4つあるか確認します。あった場合はその列全てを獲得します。条件を満たせば1回の手番で複数の列を獲得できます。

紫の背景・4の数字・青の円の色で取れます。ここまで気づかないことはないはず(笑)

カードを補充する

手札が3枚になるように補充します。次のプレイヤーの番です。



ゲーム終了

手札を3枚まで補充できない場合、ゲーム終了です。獲得したカードの枚数が一番多いプレイヤーの勝利です。



レビュー

ただ並べるだけなんですが、気づかないで手番を終えた時の悔しさはたまらないですね。
逆に前のプレイヤーが気づいていないときは爽快ですが(笑)






そういった点で観察眼と組み立てが問われます。手札と相談しながらここで置くべきか否か‥





まぁどんなに考えてもあっさり取られることもありますがσ(^_^;)




アミーゴ小箱であまり有名ではありませんが結構好きなゲームです。「これいけるんじゃね?」と気づいた時はしてやった感が良いですね!



運、確率
論理性、戦略性
交渉、立ち回り、駆け引き
ブラフ、ジレンマ、心理
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.