ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「翡翠の商人」見極めが大事、小さい数を宣言して競り落とす!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




いよいよ明日、台風が来てしまいます‥防災対策は大丈夫でしょうか?恥ずかしながら僕は初めて防災について真面目に考えましたね。





明日は嫁も休みなので台風にビビりながらゲームでもしてゆっくりします^ ^





本日は定番の競りゲーとは変わった「翡翠の商人」をレビューします。

ゲーム名翡翠の商人
作者西村裕(スパ帝国)
プレイ時間20分
プレイ人数2〜5人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

カードをめぐって競りをしていきますが、もっとも少ない数を宣言したプレイヤーからカードを獲得していき、合計点を競います。




内容物

・カード 56枚


ゲーム準備

カードをシャッフルし山札にします。7ラウンドで行われます。山札から8枚カードをめくり並べます。

ゲーム進行

1、スタートプレイヤーは何枚欲しいか宣言します。時計回りにそれより少ない数かパスを宣言します。




2、また「◯枚とって1枚返す」こともできます。「◯枚取る」より0.5少ない数として扱います。



(例)
「3枚>3枚取って1枚返す>2枚」
「贋金」は◯取って1枚返すで返すことができません。



3、パスをしたプレイヤーはカードを獲得するプレイヤーが決まるまで競りに参加できません。





4、一人を除いて全員がパスしたら、残ったプレイヤーが宣言した枚数だけカードを取ります。獲得したカードは自分の前へ置きます。




5、残りのプレイヤーは同じように競りを繰り返します。最後の一人になったら全てのカードを獲得します。(全員がカードを取ることになります



ゲーム終了

山札が無くなったら終了です。合計し、一番得点が高いプレイヤーの勝利です。


得点計算

●香辛料
 一番多く集めたプレイヤーが24点、2位が12点、3位が6点
 

●翡翠
集めた枚数に応じて点数を得ます。上の写真なら28点です。


●書物
A~Eまでのカードを集めると20点です。1枚欠けは10点、2枚欠けは5点、セットにならないカードは1点です。



●金(右)
数字がそのまま得点になります。



●贋金(左)
数字がそのまま得点になりますが、合計が「金」の合計を上回ると0点です。



レビュー

競りゲームの中でも子どもたちにも勧めやすく盛り上がりました!




普通は値段がつり上がったり、大きい勝負だったりしますが少ない宣言からは斬新かなと思います^ ^




獲得したカードはオープンなので駆け引きが常に生まれます。なので、イケると思って宣言しても想像を上回る少なさで取られたりしますσ(^_^;)





獲得枚数よりもいかに効率よくカードの役を作っていくかがカギですね。結構、「翡翠」が強い!(笑)





10歳〜とありますがルールを説明してあげれば8歳からでもできますので、ご賞味あれ^ ^

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.