ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ゼロ」ただ集めるだけじゃ勝てない!場の空気と相手の出方を読もう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




久しぶりの投稿ですねー、単純に飲む機会が何故か多くだらけてました(笑)




その間、子どもたちとゲームをやり込むことができたので丁度いいバランスでした。ブログのために新しいゲームをやり続けるのは本末転倒ですからね。





その中でも本日は子どもたちの中で少し人気の出た「ゼロ」のレビューをしていきます。

ゲーム名ゼロ
作者ライナー=クニツィア
プレイ時間20分
プレイ人数3〜5人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

手札のカードと場のカードを1枚交換し、なるべく手札の点数が少なくなることを目指します。

内容物

・カード 56枚(7色×1〜8)


ゲーム準備

9枚ずつプレイヤーに配ります。5枚を中央に表向きに並べます。残ったカードは使用しません。

ゲーム進行

スタートプレイヤーを決めます。手番がきたら「交換」か「ノック」を行います。


交換

手札から1枚選び、場のカードと交換します。これで手番が終了です。


ノック

手札を交換したくない場合はテーブルをノックします。1度ノックしても次の手番で交換することもできます。




1回目のノックでは何も起きませんが、2回目のノック(1回目のノックと同じプレイヤーでなくてもいい)がされたら、全員最後の手番となります。(2回目のノックのプレイヤーを除く)



得点計算

同じ色のカードまたは同じ数字のカードが5枚以上あれば、まとめて0点とします。そうでない時は手札の同じ数字は1度しか数えません。

この場合は緑でまとまっているので6+3で9点です。

ゼロ

上記の場合は緑と6がどちらも5枚あるので、ただちに「ゼロ」と宣言しラウンドを終了します。全てのプレイヤーは得点計算をします。ゼロの達成はもちろん、0点です。


ゲーム終了

ラウンドが終了したら残ったカードも含めてシャッフルし次のラウンドを始めます。人数分ラウンドを行なったら、各ラウンドの得点を計算し一番点数の少ないプレイヤーの勝利です。



レビュー

これは単純に面白かったです!




みんなゼロを目指しにいきますが、使わないカードが見えないですし自分が集めているものとバッティングの可能性も視野に入れなければなりません。





あとはノックされた時の緊張感!今までダラダラと集めていたのが一瞬で空気が変わります(笑)





そうなればゼロは諦め、なるべく低い数字を取ろうとしますがその考えはみんな同じ。やはりコツコツ集めたプレイヤーが勝つ印象でした。





ゼロになった時の爽快感はぜひ味わっていただきたいです!

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.