ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「コヨーテ」自分の手札を見ずに合計値を導き出せ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



う〜ん…ゲムマ終わっても忙しい…どーなってるんだ…




ただ、嬉しいことが!夏までお世話になっていたボードゲームリサイクルショップのCUBEさんが関内のゲームカフェぶんぶんさんに場所を移し営業を再開しました^ ^





早速、「金鉱物語」と「寿芸夢」を購入しました!ゲムマでも色々購入しましたが顔を覚えてくれてたようでした( ^∀^)今後も購入していくつもりです。





本日はなぜ今まで紹介していなかったのか…「コヨーテ」をレビューしていきます。

ゲーム名コヨーテ
作者スパルタコ=アルベルタレッリ
プレイ時間15〜30分
プレイ人数2〜10人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

自分以外のプレイヤーのカードを見て、何匹のコヨーテがいるかを予想します。もし、宣言以下ならライフが減っていきます。



内容物

・基本カード 32枚(何が何枚あるかはカードの裏面にあります)


・(左)ライフカード 10枚(黄色の面から使います)

・(右)仮面カード 10枚(スペシャルルールで使います)



・特殊カード
(左から)
・キツネカード 1枚(一番大きい数字を0にします)
・酋長カード 1枚(全てのカードの数字を2倍にします)
・ほら穴カード 1枚(このカードを持っていたプレイヤーは山札から1枚引いてその数を加えます)
・夜カード 1枚(数に加えず、計算後全てのカードを合わせてシャッフルします)




ゲーム準備&ゲーム進行

1、各プレイヤーに1枚ずつカードを配り、インディアンポーカーのように数字を見ずにおでこにつけます。スタートプレイヤーを決めスタートします。




2、プレイヤーは以下の2つからどちらかの行動をします。

数字をあげる

前のプレイヤーの宣言した数が実際の数字以下(オーバーしていない)と思う場合、前のプレイヤーより大きい数字を宣言します。


コヨーテの宣言

前のプレイヤーの宣言した数が実際の数字より大きい(オーバーしている)と思う場合、コヨーテと宣言します。




3、コヨーテ宣言後、全員の数を合計してそれから特殊カードを計算します。




4、コヨーテを宣言された数が合計数をオーバーしていた場合、前のプレイヤーがライフを1失います。




5、コヨーテを宣言された数が合計数以下だった場合、コヨーテを宣言したプレイヤーがライフ1を失います。




6、使ったカードは捨て札にして次のラウンドを始めます。先ほどライフを失ったプレイヤーから始めます。



ゲーム終了

3回負けてライフが0になったプレイヤーは脱落し、最後まで残ったプレイヤーの勝利です。



レビュー

どストレートで言うなら2人でのプレイはオススメしません。なんか寂しいです。大人数でわちゃわちゃプレイするのがベストですね。





基本カードだけでなく特殊カードがあるので一筋縄ではいかない面白さがあります。もはや運です(笑)




ただし、相手がなぜその数字を宣言したのかを考えながらやると駆け引きが生まれます。




子どもとやる場合は特殊カードを抜いてからやるといいですね。2年生くらいになれば2倍が理解できるので少しずつ特殊カードを入れていきましょう。





パーティゲームとしてはオススメしますが、2人ならガイスタークアルトをオススメします。Amazonで海賊版が出回ったこともありショップでの購入の方が安全です。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.