ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「もっとホイップを」どう切り分ける?どう選択する?選択肢だらけのジレンマゲーム

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




ボードゲームをずっとプレイできるって幸せですね^ ^
コロナの影響でじっくり子どもたちとボドゲを遊んでいます。




初めてのゲームをプレイしたり普段出せない中量ゲームをじっくりプレイしたりと遊んでられる仕事はいいですね(笑)





本日は「もっとホイップを」のレビューとなります。

ゲーム名もっとホイップを
作者ジェフェリー=D=アラーズ
プレイ時間20分
プレイ人数2〜5人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ケーキを切り分けて、各プレイヤーで切り分けられたケーキを選んでいきます。食べるかとっておくことで得点を獲得していきます。



内容物

・ケーキタイル 57枚(マロン3枚、マンゴー4枚、フランボワーズ5枚、白桃7枚、抹茶8枚、ブルーベリー9枚、イチゴ10枚、チョコレート11枚)



ゲーム準備

全てのケーキをシャッフルし、11枚ずつの山を5つ作ります。残った2枚は使いません。スタートプレイヤーを決めてスタートです。

ゲーム進行

ケーキを切り分ける

1、係りのプレイヤーはケーキの山の内、1つを1枚ずつめくり時計周りに並べます。並べる際は順番を変えてはいけません

2、このケーキをプレイヤー数と同数に分割します。1枚以上のブロックに分けていきます。2人でプレイする場合、4つに分けます。

食べるorとっておく

係りの左隣のプレイヤーから切り分けたケーキを1ブロックもらい、もらったタイル1枚ごとに「食べる」か「とっておく」かを決めます。


食べるかとっておくか決めたら次のプレイヤーも同様にこの手順を行います。



係りのプレイヤーが最後となります。

食べる

食べることにした場合、タイルを裏返しにします。ホイップの数が得点となります。枚数はわかるようにして下さい。裏返しにしたタイルは自分も確認できません。

これ食べよ

とっておく

とっておく場合、そのままにして全員がわかるように置いておきます。ゲーム終了時に枚数を一番多く持ってたプレイヤーが得点を獲得します。



ゲーム終了

5ラウンド終了したら得点計算です。


・8種類のケーキについてそれぞれ一番多くタイルを持っているプレイヤーはそのケーキに書かれている数字分の得点を獲得します。



・裏返しにしてあるタイルのホイップを数えて得点を獲得します。


それぞれを合計し一番得点を獲得しているプレイヤーの勝利です。

上記の写真では、
・ホイップ6点
・抹茶8点(一番多く獲得しているとして)

合計14点となります。


レビュー

2年くらいにリメイクされて気にはなっていましたがやっと買えました^ ^
ツイッターの評判通り面白いですね。



ホイップで稼ぐのかケーキの種類で稼ぐのか3ラウンド目からは調整していかなければなりませんし、情報はほぼ公開されているので見極めが必要となります。



切り分ける作業も大事で自分は最後に取るのでバランス感覚が必要なのに並び順は変えられない歯痒さ(笑)




「甘い、甘くない、ゲーム」と表記されている通りジレンマが程よく生まれるゲームです。ただ、ケーキがめっちゃ美味そう…(笑)

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.