ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ピット デラックス」交換しまくって商品を買い占めろ!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



本日は雪が降りましたな!3月も終わるっていうのに季節が分からんです( ̄∇ ̄)おかげで外出自粛も重なり人が少なくて済みましたが。




本日は昨日初めて遊んだゲームが子どもたちにもヒットしたようで、これは善は急げと思った「ピット デラックス」のレビューです。

ゲーム名ピット デラックス
作者Edgar Cayce & George S. Parker & Harry Gavitt
プレイ時間30分
プレイ人数3〜8人
年齢7歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

プレイヤーはトレーダーとして商品を他のプレイヤーと交換しながら集めていきます。先に同じ商品9枚集めることを目指します。



内容物

・カード 74枚(8種×9枚、熊・牛各1枚)

・ベル 1個



ゲーム準備

1、中央にベルを置きます。プレイヤーの人数と同じ種類数のカードのみ使用します。(5人なら5種類のカード)


2、各プレイヤーに9枚ずつ配り、手札を確認したらベルを鳴らしてスタートします。

ゲーム進行

1、各プレイヤー一斉に手放したいカード(=集めていないカード)の1種類を1〜4枚選び、裏向きで枚数を声に出して全プレイヤーに宣言します。

オレンジはいらない!3枚!

2、同じように他のプレイヤーが同じ枚数を宣言したプレイヤー同士で交換することができます。相手が見つかるまで種類を変えたり、枚数を変えることは自由です。

交渉成立!
トウモロコシだったか〜

3、カード交換を繰り返し1種類のカードが9枚手札に揃ったら、ベルを鳴らします。カードを確認し、カードに書いてある数字を記入して次のラウンドを始めます。

9枚揃ったら…
うりゃ!

ゲーム終了

数ラウンドを行い、500点以上獲得したプレイヤーの勝利です。短い時間や最初にプレイする場合は250点でもいいでしょう。



レビュー

1904年にこの世に出たらしいですね。100年以上経っているとは驚きです。




手札を交換して揃えるシンプルなゲームですが駆け引きと心理的要因が含まれていて大人と子どもでは考えのズレが少し出るかなと感じました。



ただ揃えればいいわけではなく、その種類に固執していると交換しても同じものしか手に入らず、まさに経済が滞っている状態になります。



そのような状況を打破するには自分が集めているカードを市場に出すことです。そうするとカードが回っていきます。経済の縮図のようなゲームです(笑)



それを抜きにしても子どもと一緒に楽しめます。上記に書いたような自分のことだけ考えては変えられないことが学べるゲームでもありますね。

運、確率
交渉、駆け引き、立ち回り
戦略性、論理性
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
スピード
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.