ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「アウトブレイク」ウイルスが拡がるのが先か止めるのが先か…

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



いよいよ学校が再開されます…怖いですがいつまでも留めておくのもということでしょうか。まぁ上に従うしかありません。



そんな中、本日は世の中の情勢に沿った「アウトブレイク」のレビューをしていきます。

ゲーム名アウトブレイク
作者花山ゲーム研究所
プレイ時間15分
プレイ人数2人
年齢6歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ドクターとウイルスに分かれてタイルを配置していき、勝利条件を満たしていきます。



内容物

色が逆ですが…

・ドクタータイル 15枚

・ウイルスタイル 15枚


(上)
・スタートタイル 1枚(ウイルス側として扱います)

(左)
・ドクタータイル(スペシャル) 2枚

(右)
・ウイルスタイル(スペシャル) 2枚



ゲーム準備

役割を決め、それぞれの山札を作ります。手札を3枚取ります。

ゲーム進行

1、ドクターからスタートです。山札から1枚引き、手札から1枚タイルのマークに合うように配置します。

2、次はウイルス側プレイヤーです。同じようにマークにつながるように配置します。交互に繰り返し、勝利条件を目指します。タイルが出せない場合、パスとなります。(手札上限はありません)

スペシャルタイル

スペシャルカードはどちらの陣営にも2枚ずつあります。

ドクター側
場にあるウイルスタイルの上に置くことができます。ウイルスのスペシャルタイルにも置けますが、スタートタイルには置けません。

ウイルス側
このカードを出すと続けてノーマルタイルを出せます。ただし、スペシャルタイルを連続して出せません。

ゲーム終了(勝利条件)

ドクター側はウイルスをつなげる箇所が無くなったら勝利します。

ウイルス側はウイルスを7つ連結させれば勝利です。ただし、一筆書きができる連結となります。

レビュー

タイルを置くだけですが、引き運にも左右されます。ドクターがスペシャルを引かないとウイルス側に有利と感じました。



確かに対象年齢は6歳〜ですが戦略を考えるなら小1くらいがベストです。ただし、短い時間で決着がつき引き運によると思われたらリピート率は下がります。



タイミングは難しいですが少し空いた時間や1人になってしまった子と一緒に遊ぶと良いでしょう。



ちなみにですが花山研究所さんは昭和8年に創業したようで様々なゲームを出しているようで、学童向けのゲームが見受けられます。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.