ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「花見小路」伝統的な道具で芸者さんたちに気に入られよう!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



ここのところ、相方とボードゲームをやって少しづつ積みゲーを減らしていますが、購入スピードが早く追いつきません!(笑)



4月には「メンバーズオンリー」や「アグリコラ2人用BIGBOX」など欲しいゲームが出ます!これはマジでヤバい…




本日は僕の好きなサークルさんemperors4さんから「花見小路」のレビューです。

ゲーム名花見小路
作者Kota Nakayama
プレイ時間15分
プレイ人数2人
年齢7歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

道具カードを出し合い、芸者たちを迎え入れます。芸者4人を迎えるか魅力値が11以上集めることを目指します。



内容物

・アクションマーカー 8枚(4種×2)

・勝利マーカー 7枚


(上から)
・芸者カード 7枚

・道具カード 21枚(数字分、枚数があります)



ゲーム準備

1、芸者カードを魅力値(左上の数字)順に横1列に並べます。芸者カードの上に勝利マーカーを乗せていきます。



2、道具カードをまとめて山札としておきます。自分の色のアクションタイルを表向きにしておきます。

ゲーム進行

3つのフェイズを行います。フェイズ3終了時にどちらも勝利条件を満たさなければ、満たすまでラウンドを繰り返します。



ラウンド準備(フェイズ1)

山札をシャッフルし、1枚を見ずに抜きます。残った山札から6枚ずつ配ります。山札は手の届くところへ置きます。



アクション(フェイズ2)

交互に1回ずつ4回手番を行います。山札から1枚引きアクションを行います。アクションは表向きのタイルから自由に1つ選びます。終了後裏返します。


密約

道具カードを1枚選び裏向きでこのタイルの下に置きます。フェイズ3になるまで自分しか確認できません。

取捨

道具カードを2枚選び、このタイルの下に置きます。この2枚はフェイズ3で枚数に数えません。

いらないカードを

贈予

道具カード3枚選び、相手に見せます。相手はその中から1枚選び数字と色が一致する芸者カードの自分側におきます。残る2枚は芸者カードの手番プレイヤー側に同じように置きます。

自分が有利になるように

競争

道具カード4枚選び、2枚ずつ2組に分けて相手プレイヤーに見せます。相手プレイヤーは片方の組を選び、数字と色が一致する芸者カードの自分側に置きます。


もう一つの組は芸者カードの手番プレイヤー側に同じように置きます。

マーカーの更新(フェイズ3)

お互い全てのアクションを行なったらフェイズ3です。


互いに「密約」のカードを表にして一致する芸者カードの自分側に置きます。各芸者カードについて道具の枚数を比較します。


より多く道具カードを持っているプレイヤー側に勝利マーカーが移動します。


どちらも同じ枚数、誰も道具カードを置いてない場合は勝利マーカーは移動しません。

どちらも勝利条件を満たしていない場合、1枚抜いたカードを含め道具カードを1つにまとめます。勝利マーカーはそのままです。



アクションを全て表にします。スタートプレイヤーを相手と交代します。フェイズ1に戻ります。



ゲーム終了と勝敗

フェイズ3後、「4人以上の芸者を迎える」か「迎えた芸者の魅力値が11以上」であれば終了します。勝利条件を満たしたプレイヤーの勝利です。



レビュー

勝利マーカーの奪い合いという点では「バトルライン」と同じですがアクションは違います。


アクションタイルはお互い同じなのでどのタイミングで何を使うかが明暗の分かれ目です。



相手に見せるアクションが2つあるので「密約」が非常に重要かなと感じます。純粋に高い芸者を狙うのか、相手の裏をかくのかはプレイヤーの思考次第ですね。



絵が綺麗なので2人用の中では好きなボードゲームです。ただ、7歳〜となっていますが、子どもには内容の意味が分からないかなと思います。僕は好きな世界観ですが(笑)

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.