ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「フラワーズ」成長させながら○×ゲーム

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



例によってコロナで休校になりました。まぁ、でしょうねって感じです。子どもたちもコロナ疲れでヤバいんですけどね〜




本日は、この時期にぴったりの「フラワーズ」のレビューです。

ゲーム名フラワーズ
作者花山ゲーム研究所
プレイ時間15分
プレイ人数2人
年齢6歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

相手より先に縦・横・斜めのいずれかに花を3つ並べます。


内容物

(左から)
・1、2カード(土・種カード) 16枚

・3、4カード(芽・つぼみカード) 16枚

・5カード(花カード) 16枚


ゲーム準備

カードの種類別に山札を作ります。場に土カードを表にして2枚置きます。花の色を決めてスタートプレイヤーを決めてスタートします。

ゲーム進行

手番プレイヤーは「置く」か「めくる」のどちらかを行います。パスはできません。

置く

1、「土・種カード」は土カードを表にして辺で繋がるところに置きます。他のカードの上には置けません。

2、「芽・つぼみカード」は芽カードを表にして種まで成長しているカードの上に置きます。

種がある場合に
重ねて置きます。

3、「花カード」は自分の色の花を表にしてつぼみまで成長しているカードの上に置きます。

ここまで成長したら
自分の花を置きます。

めくる

カードをめくる場合、2枚同時にめくります。場に1枚しかめくるカードがない場合はめくれません。2枚ならどの組み合わせでもめくれます。


ゲーム終了

自分の色の花カードを先に3つ並べたプレイヤーの勝利です。

レビュー

まぁ、想像通りのゲームです。ただ、想像通りということは小さな子でもできるということです。




特にこの時期は幼稚園・保育園上がりの子が入ってくるので年齢としてはちょうどいいですね。



○×ゲームのように3つ並べることを目的としていますが、成長具合を間違えると相手が有利になってしまうこともあります。



2枚めくりというルールが考えさせる要因となっていますね。先日にもレビューした「アウトブレイク」と同じようにサクッとプレイするには向いています。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.