ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ラビリンス」不思議な迷路の中から宝を探し出せ!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



休日は動けない分、相方とボードゲームができるので結果オーライですね。どんどんと積みゲーが崩されています。そろそろ中量級を崩していかないと。いつも言っている気がしますが(笑)




本日はずっとキッズに欲しかった「ラビリンス」のレビューです。

ゲーム名ラビリンス
作者マックス=J=コバート
プレイ時間約30分
プレイ人数2〜4人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

迷路の中にある宝物を全て集めて、出発点に戻ることを目指します。


内容物

・ボード 1枚


・迷路タイル 34枚

・宝物カード 24枚

・駒 4個


ゲーム準備

1、ボードに裏向きで迷路タイルを置いていきます。並べ終わったら表にします。1枚余るのでスタートプレイヤーに渡します。


2、宝物カードをシャッフルし、プレイヤーに均等に配りきります。配られたカードは山札とします。自分の駒をボードにある同じ色の出発点に置きます。


ゲーム進行

手番プレイヤーは自分の前に置かれている一番上のカードをめくりますが、他のプレイヤーには見せないようにします。次の順序で行動します。



めくったカード
まぁまぁなところにあるな

迷路の移動

余っているタイルをボードの縁から押入れます。矢印のあるところから入れます。反対側から出たタイルは次のプレイヤーが使います。

押し込んで
道を変えます

迷路の移動は必ず行います。直前のプレイヤーによって押し出された場所にいれ戻せません。




押し出されたタイルの上に駒が乗っていた場合、ボードの反対側のタイルにうつされます。

押し出された!
予想外の場所へ

駒の移動

好きなだけ移動ができます。動かさないこともできます。他のプレイヤーや目標でない宝物は通過できます。



1つのタイルに複数駒があっても構いません。駒が目標の宝物に辿り着いたら、宝物カードを表にし、次のカードをめくるとそれが次の目標となります。




駒の移動が終われば次のプレイヤーの手番です。

ここら辺にしておこうかな
辿り着いたら次のカードをめくろう!

ゲーム終了

自分の宝物カードを全て集め、自分の出発点に戻ったプレイヤーの勝利です。




レビュー

子ども向けのボードゲームでずっと欲しかったので今回手に入れることができて良かったです。




思惑通り新1年生もすぐできるので良い投資でした。子どもたちの中で意外な子が得意だったりして驚かされます。




ゲーム内容ですが、1手の先読みでは全然足りませんね。3手くらい先を読まないと次から次へ動かされます。それが面白い要素ではありますが。




比較的、量販店で手に入りやすいのでこんな時期に家族でプレイするといいですね。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.