ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「スライドクエスト」コロコロ転がる騎士を勝利へと導け!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



遂に緊急事態宣言が発効されるようです。本当にここが踏ん張りどころですね!今がチャンスとばかりに説明書を読み込んだりテストプレイができます。何事も前向きに!




本日は今までレビューしたゲームの中でも少しジャンルの違う「スライドクエスト」のレビューです。

ゲーム名スライドクエスト
作者Jean-Francois=Rochas,Nicolas=Bourgoin
プレイ時間15〜45分
プレイ人数1〜4人
年齢7歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

プレイヤーたちで協力し、転がる騎士の冒険を助けます。マップを全てクリアしましょう。


内容物

・トラップトレイ 1個

・レバー 4本

・マップ 20枚


・セーブ装置 1枚

・ライフカウンター 1枚

・転がる騎士 1個

・ハートマーカー 1個


・罠 9個(ダイナマイト4個、番兵4個、悪党1個)

・障害物 8個(アーチ・柵(小)・柵(大)・岩、各2個)


ゲーム準備

1、ゲームの下箱を使います。レバーを4つのくぼみにはめて、レバーの上にトラップトレイを置きます。

2、選んだマップを置き、マップ上に示された障害物や罠を配置します。マップ番号の書かれているところに騎士を置きます。

3、難易度を選び、ライフカウンター上の対応する箇所にハートマーカーを置きます。



ゲーム進行

4本のレバーを駆使しマップの任務の達成を目指します。どのようにレバー使うかは相談します。




任務の種類は6種類あり、いくつかのマップには複数任務があります。




以下の状態になったらライフを失います。
・騎士が穴に落ちた
・ダイナマイトを倒す、穴に落とす
・番兵や悪党を違う穴に落とした
・全ての番兵を落とす前に悪党を落とした
・騎士がひっくり返る

あ〜れ〜
ライフが減ります

マップによってはライフを獲得できるマップもあります。ゲームを中断したい場合、セーブすることができます。

6面で7ライフでセーブ

ゲーム終了

選んだゲームモードの最後のマップの任務を達成すれば勝利。ライフが0になればゲームオーバーです。


レビュー

1人でもできるように購入しました。思った通りと言いますか、子ども同士でやると十中八九揉めます(笑)




なので1人を推奨してます。交代で遊ぶことで順番は守るみたいな基本的なことが学べるかと。



ゲームモードが選べますが、「大きな冒険」でどこまでできるか競うのもいいですね。



僕はこの手のゲームは苦手で2面で挫折しました(笑)




細かい動きも必要なので、ボドゲで釣るのはあまり好きではありませんが子どもを集中させたい時に使えます。単純に騎士とかRPGとか好きですからね。



普段のレビューしているゲームとは一風違うのでオススメ度表は控えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.