ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「インカの黄金」お宝のためにどこまでいけるか!度胸試しのチキンレース

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



今日、予約しようと思ってたフタリコラ(2人用アグリコラ)が売っていたので即購入しました!これでGWは楽しめそうです。まずは崩さなきゃいけないゲームがいくつもありますが(笑)



本日はチキンレースの王道「インカの黄金」のレビューです。

ゲーム名インカの黄金
作者アラン=R=ムーン&ブルーノ=フェデュッティ
プレイ時間20〜40分
プレイ人数3〜8人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

毎ターン探検するのか戻るのかを決断します。勇気を持って進むのはいいですが障害カードが2枚出たらお宝はオジャンです。ギリギリを狙いましょう。



内容物

(上)
・神殿カード 5枚

(下)
・プレイヤーカード 16枚(キャンプカード8枚、たいまつカード8枚)


・テント 8枚

・宝石 110個
トルコ石(緑)60個:1ドル
黒曜石(黒)30個:5ドル
黄金(黄)20個:10ドル



(左から)
・遺物カード 5枚

・お宝カード 15枚

・障害カード 15枚

お宝カードと障害カードを合わせて「探検カード」とします。

ゲーム準備

1、各プレイヤーはプレイヤーカードを1組ずつとテントを受け取ります。



2、神殿カードを写真のように並べ、5枚の遺物カードを神殿カードに1枚ずつ下に差し入れます。

3、宝石を一まとめにし、スタートプレイヤーを決めます。



ゲーム進行

各ラウンドの最初では神殿カードで一番小さいカードをめくり、その下の遺物カードを探検カードに差し込みシャッフルして山札とします。このラウンドで遺物カードが出なければ次のターンに持ち越しです。


プレイヤーの決断

各プレイヤーはキャンプカード(戻る)かたいまつカード(進む)のどちらかを密かに選びます。



合図をしたら、それに合わせて各プレイヤーが同時に選んだカードを表に出します。



最初の手番ではキャンプに戻る意味はないのでこの手順は飛ばしても構いません。



探検を続ける(進む)

進むプレイヤーがいた場合、山札から1枚めくります。カードの列を通路とします。めくった結果によって処理が変わります。

お宝カード

カードに記された数字分、宝石をプレイヤーで均等に分けてテントの横に置き、余った宝石はカードの上に置きます。

4人プレイで「13」なら4個に分けて余り1個をカードに。

遺物カード

通路に並べます。遺物カードを獲得できるのは戻るを宣言した1人のみです。複数戻る場合は獲得できません。

障害カード

分かりやすいように横にします。1枚目の障害カードなら何も起きませんが2枚目の場合、各プレイヤーのテントの横にある宝石と通路の宝石・遺物カードは獲得できません。遺物カードは捨て札となります。

2枚目…終わった…



2枚目の障害カードをこのラウンドにめくった神殿カードの下に差し込みます。

キャンプに戻る(戻る)

通路にある宝石を獲得します。複数人いる場合は均等に分けます。余りはいずれかのカードの上に置きます。


宝石を獲得したら自分のテントの中に入れます。これで失うことはありません。



一人だけキャンプに戻る時、通路に遺物カードがあった場合は遺物カードを獲得できます。3枚目までは5ドルの価値、4〜5枚めは10ドルの価値があります。それぞれ黒曜石や黄金を置いておくと分かりやすいです。



戻ったプレイヤーはこのラウンドが終わるまで何もできません。

一人なら総取り!
しめしめ( ̄∇ ̄)

ラウンドの終了とゲーム終了

1つのラウンドは全員がキャンプに戻るか2枚目の障害カードがめくられたら終了します。通路に残っていた宝石は宝石の山に戻します。




5ラウンド終わったらゲーム終了です。1ドル=1点として一番点数が高いプレイヤーの勝利です。



レビュー

チキンレース系のボードゲームはこのゲームと「セレスティア」しか今の所思いつきません。ある意味「なつのたからもの」もチキンレース要素はありますが、どちらかというとセットコレクションです。





コンポーネントも綺麗なので気分は探検隊気分です。少しルールが細かい点もありますが、進むか戻るだけなので1年生でもプレイ可能です。





人数が多くなればなるほど宝石の獲得が少なくなり、加えて駆け引きが生まれて面白いです。少ないほど殴り合いみたいなもので3ラウンド目で大差をつけられたら、カードの途中シャッフルはないので逆転は難しいです。




したがって、人数の多いゲーム会や学童では重宝するので主催側なら持っていて損はありません。最近新版が出たので手に入りやすいですね。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.