ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「R-ECO」ゴミを分別しては回収を繰り返し優良事業者を目指そう!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



ここんとこレビューを書きまくっているので良い感じに積みゲーが減っていきます。ただ、プレイするゲームが間に合うか微妙なので子どもたちに手伝ってもらいながら頑張ってます(笑)




本日は昨年のゲームマーケットで購入した「R-ECO」のレビューです。

ゲーム名R-ECO
作者川崎晋(カワサキファクトリー)
プレイ時間30分
プレイ人数2〜4人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ゴミを分別しながら回収もします。一定のゴミを分別できれば報酬がもらえますが、回収したゴミが多すぎると不法投棄しかありません…



内容物

・(左上)報酬カード 28枚(4色×7枚)

・(右上)処理場カード 4枚

・(下)ゴミカード 88枚(ゴミ1=4色×20枚、ゴミ2=4色×2枚)




ゲーム準備

1、処理場カードを1列に並べ、その上に報酬カードを上から順に「0、1、2、3、−2、4、5」となるように重ねていきます。




2、ゴミカードをシャッフルし、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。残りは山札とします。



3、山札からゴミ捨て場エリア(報酬カード下)にランダムに1枚ずつ表向きに配置し、スタートプレイヤーを決めます。

ゲーム進行

1、手番では手札からゴミカードを対応する色の処理場エリア(報酬カード上)に出します。この際、同じ色であれば何枚でも出せますが、1度の手番で2色以上出すことはできません。

とりあえず2枚



2、なお、ゴミの合計(枚数ではなくカードに書かれている個数)が4個以上になった場合、その色の処理場エリアにあるカードを全て捨て札にして報酬カードを獲得します。

4個になった!
報酬ゲット!



3、報酬カードの獲得に関わらず、処理場エリアにゴミを出したら、その処理場カードのゴミ捨て場エリアに置かれているカードを全て引き取り手札にします。

出したら回収、コレ基本

4、ゴミカードを引き取った際に手札が6枚以上なら超過分だけ不法投棄となり自分の前に裏向きで出します。ゲーム終了時に1枚=−1点です。





5、ゴミカードを引き取った後、そこに山札から処理場エリアに置かれているゴミの個数+1枚をゴミ捨て場エリアに並べます。山札が無くなったら捨て山をシャッフルし山札とします。

処理場エリアにゴミが2個なので3枚ゴミ捨て場エリアに並びます。

ゲーム終了

いずれか1ヶ所の報酬カードが尽きたら終了です。終了する場合でも手札が6枚以上なら不法投棄します。



獲得したカードを各色ごとに確認します。1色2枚以上でなければその色の報酬カードは得点になりません。




手元に残った報酬カードを合計し、不法投棄1枚につき1点を引きます。ただし、不法投棄をしなかったプレイヤーにはボーナスがつきます。(1人=3点・2人=2点・3人=1点)




得点が一番多いプレイヤーの勝利です。

緑は得点にならず、合計4点です。

レビュー

絵が可愛らしくルールも面白そうで試遊後に購入しました。ルールとしては「宝石の煌めき」や「バトルライン」と同じく「お前、早く出せよ」の洗面器ゲームです。



ただ出すだけだと不法投棄の嵐で確実に負けますのでリスクを減らしつつ報酬カードをゲットしなければなりません。



しかし、手札の上限は5枚まで、しかもゴミカードの組み合わせはランダムなので要らないカードももれなく付いてきます。それらをいかに捌いていくかが腕の見せ所ですが中々うまくいきません。




4人プレイであれば上手く場が回りますが2人だと不法投棄の連続です(場の回し方が下手なだけかもしれません)




プレイしていくと色がまとまるのでリシャッフルの際にかたまりやすく、さらにはどんどんゴミが置かれるのでシャッフルばかりしている気がします。




その点ではゲームに集中しづらいのでマイナスではありますが、ゲームの趣旨ととしては面白いです。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.