ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「リスのタルトやさん」小さな子でも大丈夫!フルーツを集めてタルトを焼こう!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




トリックテイキングを教えようと子どもたちを誘ったのですが、イマイチピンとこなかったようです。インストが下手だったかなぁ…まぁめげずに根気強く頑張ります。




本日は「リスのタルトやさん」のレビューとなります。

ゲーム名リスのタルトやさん
作者新藤愛大(パティスリージレンマ)
プレイ時間20分
プレイ人数2〜4人
年齢4歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

森に実っているフルーツを集めてたくさんタルトを焼いていきます。



内容物

・森 8枚

・袋 1枚

・フルーツと生地 90個(5種×18個ずつ)



・(左上)スタートマーカー 1枚

・(左下)タルト 20枚

・(右上)大きいリス 4色

・(右下)小さいリス 4色



ゲーム準備

1、タルトを5枚ずつ重ねてプレイ人数による山を作ります。2人=2つ、3人=3つ、4人=4つ。それぞれの山の一番上をめくります。



2、森をプレイ人数に応じて配置します。2人=4枚、3人=6枚、4人=8枚。



3、森の上に袋の中からランダムに2個ずつフルーツを置いていきます。各プレイヤーは自分の色のリスを受け取り、スタートプレイヤーマーカーを持っているプレイヤーから始めます。

ゲーム進行

1、手番になったらどちらかの大きさのリスを森に乗せます。ただし、既に大きいリスが乗っている森や小さいリスが2匹乗っている森には置けません。これを2周します。

2、全プレイヤーがリスを全て置いたら、スタートプレイヤーから置いたリスを戻します。戻す際に大きいリスは森の上のフルーツ全部、小さいリスは森の上のフルーツを1つ獲得します。

じゃ生地をもらいます

3、全プレイヤーのリスが全て戻ったら、森の上に2つになるようにフルーツを袋からランダムに置きます。

偏るんだよなぁ…

4、タルトは生地とタルトに描かれているフルーツを持っていたら焼くことができます。焼きたい場合、森の上にリスを置く代わりにタルトに置きます。リスが戻る際にタルトを獲得し、フルーツと生地をタルトの上に置きます。

予約〜
フルーツを置いて完成!

ゲーム終了

タルトを3枚以上焼いたプレイヤーの勝利です。同数ならイチゴ→ブドウ→ミカン→バナナの順で多く持っているプレイヤーの勝利。




レビュー

フルーツを選んでタルトを焼く。単純なルールではありますが相手の邪魔ができるので4歳は中々難しい気がします。未就学児は遊べるかと思いますが5〜6歳かな?



1年生でも遊べるように購入はしましたが、ちゃんと説明しないと順番で喧嘩が起きるので大人の見守りは必要。



上になってくると1回やれば満足かな。コンポーネントがしっかりしているので仕方ないですがお値段の割にリピート率が微妙です。



未就学児ともっと遊べたらもっとデータが取れますが無い物ねだりなので、言えるのはここまでです。




ゲームとしては戦略と駆け引き要素です。「あれ欲しいけど順番的に取られるから、あっち狙いで」と流れによる臨機応変さが必要です。
戦略の組み立て方もとより先読みの力が大事です。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ジレンマ、ブラフ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.