ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ジュエルディガー」いつ戻る?今でしょ!タイミングを見極めて宝石ガッポガッポ

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




本日2本目なので前置きなしでサクッと。
今回はゲームマーケットで購入した「ジュエルディガー」のレビューです。

ゲーム名ジュエルディガー
作者dai &チカール(戸井猛道)
プレイ時間30分
プレイ人数2〜4人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

タイルを配置していきコマを置いて自分のエリアを主張していきます。タイミングを見極めてコマを回収することで得点を大きく稼いでいきます。



内容物

・(左上)キャラクターパネル 4枚

・(左下)キャラクターコマ 12個(4種類×3個)

・(右上)宝石パネル 48枚

・コイン 36枚(3種類)



ゲーム準備

1、各プレイヤーは自分の色を選び、キャラクターパネルとコマを受け取ります。



2、宝石パネルを2枚ずつ配ります。残ったパネルは山札として置いておきます。スタートプレイヤーを決めます。




ゲーム進行

手番が来たら以下のどちらかを選択します。


掘る(パネル配置)

宝石パネルを表向きにして場に出します。コマのストックがある場合は今配置したパネルのどちらかのマスの上にコマを1つ置くことができます。(置かないこともできます)

配置が終わったら山札からタイルを1枚引きます。手札は常に2枚持ちです。



2手目以降は必ずマスが繋がるように配置します。同じ色で配置する必要はありません。同じ色で連結している部分を「エリア」と呼びます。



先に他のプレイヤーのコマがある場合に直接パネルを配置してコマを載せることはできません。後からパネルを配置して結果的に同じエリアになるのは問題ありません。

帰る(コマの回収)

配置したコマを手元に回収します。この時、エリアの面積分コインを獲得します。キャラクターの色とエリアの色が一致していた場合、2コインボーナスを獲得します。



ただし、得点になるのは4点以上で3枚以下は1点も貰えず帰ることになります



回収時はコマが乗っていたパネルを裏返します。なお、ゲーム終了時に残ったコマは得点を獲得できません。

この場合は4点とボーナス2点で6コイン貰えます!
そのあとは障害物として残ります。

ゲーム終了

山札からパネルがなくなり、プレイヤーの中で手持ちのパネルがなくなったら終了です。一番多くコインを持つプレイヤーの勝利です。



レビュー

タイルを配置してコマを置くという点では「カルカソンヌ」のシステムに似ています。



タイルの種類は1種類なのでカルカソンヌよりもシンプルな得点計算なのでとっつきやすいですね。



条件はみんな一緒なのでポイントとしてはいかにボーナスポイントを獲得できるかその差が大きな差になります。3点以下は獲得できないのでいかに相手の邪魔をしながら自分の得点にしていくか、無駄なタイルはありません。



シンプルながらも様々なテクニックがあるので2対2ではプレイしたことはありませんが、1対1だとガチ目に戦えるのでオススメです。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.