ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「カフェインターナショナル」ただ置くだけじゃダメ!男女仲良くよろしくね!

2020/04/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




ゲームマーケットECで購入予定はなかったのですが、「ウイングスパン」が即売り切れだと思っていたのがカートに入ったのでそのまま購入しました(笑)今月は買わないって決めたのに…




本日は1989年のドイツ年間ゲーム大賞「カフェインターナショナル」のレビューです。

ゲーム名カフェインターナショナル
作者ルディ=ホフマン
プレイ時間45分
プレイ人数2〜4人
年齢10歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

タイルをテーブルやカウンターに配置していき得点を獲得していきます。ただし、国や性別によって配置条件があるので注意しましょう。




内容物

・ボード 1枚



・コイン 100枚(黒(1点)60枚、赤(5点)30枚、青(10点)10枚)

・タイル 100枚(12カ国・各男女4枚、ジョーカー男女2枚)

・袋 1枚




ゲーム準備

タイルを袋に入れます。各プレイヤー袋の中から5枚ずつ取って自分の前に置きます。スタートプレイヤーを決めます。

ゲーム進行

手番が来たら自分の前にあるタイルの内、1〜2枚をテーブルに配置していきます。ただし、ルールがあります。


・タイルと同じ国旗の椅子にしか置けません。
・男女のの比率が同じように配置しなければなりません。
・1つのテーブルにタイルが1枚だけは禁止(スタート除く)隣のテーブルで一緒になっていればOK
・必ず得点が獲得できるように配置します。
・どこのテーブルにも置けなかった場合、カウンターへ配置します。

同じ国旗のフランスへ
イタリアで男同士になってしまいます。これはダメです。
なので男女ペアになっている位置へ。
置けない場合は…
カウンターへ移動します。

カウンターへは1番から詰めて配置します。最初は加点ですが次第に減点になります。カウンターにジョーカーは置けません



得点計算

異なる国籍全員同じ国籍
ペア(男女) 2点ペア(男女) 4点
ペア+1 3点ペア+1 6点
4人組 4点4人組 8点

プレイヤーが一回の手番で2枚のタイルを置いた場合、2回コインを獲得します。


置いたタイルが2つのテーブルに挟まれていたら双方のテーブルで得点計算します。

国籍が揃っているので4点!
スペインとロシアのテーブル両方からゲット!
1枚目で3点、
2枚目で4点獲得

ジョーカー

どの国のタイルにすることができます。1つのテーブルに複数配置しても構いません。



なお、ジョーカーはその椅子に置くことができるタイルを使うことにより交換し、ジョーカーを手元に置くことができます。




交換は得点を獲得することはできず、1回の行動となります。補充は行いません。

ちょっとどいてもらおうかしら

得点計算後、手札が5枚になるように補充します。ただし、同一国籍の4人テーブルを完成させた場合、そのテーブルにつき1枚少ない枚数だけ補充します。




ゲーム終了

テーブルが全て埋まる、カウンターが全て埋まる、プレイヤーの手札がなくなり補充する必要がない、袋の中が4枚以下の時、終了します。


手元に持つタイル1枚につき5点、ジョーカー1枚につき10点減点します。


最終的に一番得点の高いプレイヤーの勝利です。



レビュー

タイルを条件に合わせておくだけですが、その条件が厳しく非常に難しいですね。「これ置けなくね?」と後から気づくことも…



10歳となっていますが得点計算してあげれば、もう少し低学年でもできると思います。




カウンターと手持ちのタイルがマイナスになる比率が大きいのでヒヤヒヤものですね。したがって、1回の手番で効率よく得点していくことが鍵となります。
もちろん相手の手元も公開なので相手の邪魔をすることも可能です(笑)





ドイツ年間ゲーム大賞の家族で遊べる安定感はありますが、単調といえば単調かもしれません。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.