ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「5×5シティ」あなたが市長だ!引いたタイルで街づくり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




来月販売するのボードゲームをあれも欲しいこれも欲しいなんて考えてたら、再販リメイクや待望の日本語化が多いですね。その中で重量級が多く含まれるのでどうすべきか考え中です。どうせなら買うつもりですが(笑)





本日は先日ゲムマECでも動物園バージョンが出た「5×5シティ」のレビューです。

ゲーム名5×5シティ(ゴゴシティ)
作者Hisashi Hayashi(OKAZU brand)
プレイ時間30分
プレイ人数1〜4人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

タイルを引き、その中から自分の作りたい街を思い描きタイルを配置していきます。タイルの効果によって得点していきます。



内容物

・街ボード 4枚

・得点計算メモパッド 1冊

・袋 1枚




(左から)
・区画カード 24枚(6種×4枚、表裏 に番号)

・建物カード 10枚(表裏でA面B面)

・指定カード 12枚

・計画カード 12枚(拡張ルール)



・建物タイル 108枚(工場18・商店18・住宅18・オフィス18・駅10・倉庫8・学校6・噴水4、裏は公園)

・公園アクションチップ 1枚


ゲーム準備

タイルを袋に全て入れます。指定カードをシャッフルし1枚めくります。書かれている数字の区画カードを各プレイヤー受け取ります。

対応する区画カードを受け取ります

各プレイヤは公園アクションチップと街ボードも受け取ります。一式はこんな感じです。

ボードは森を上にします

建物カードの使う面を選び、全員見えるように並べます。最初はA面をお勧めします。

番号順だと見やすいですね

全ての指定カードを再びシャッフルして山札を作ります。スタートプレイヤー(袋からタイルを引く係)を決めてスタートです。





ゲーム進行

1ラウンド4つのフェイズからなり、12ラウンド行います。



指定カードドローフェイズ

指定カードの山札から1枚めくります。引いた番号がこのラウンドで全プレイヤーが建物タイルを配置する場所です。

「10」の区画番号に決定!

タイルドローフェイズ

指定カードに書かれた番号の区画を確認し、何枚タイルを必要とするのか確認します。袋の中からランダムに1つのセットを作ります。これをプレイ人数+1セット分作ります。

2人プレイなら3つのセットを作ります

タイル配置フェイズ

袋からタイルを引いたプレイヤーから時計回りでタイルのセットを獲得して自分のボードにタイルを配置します。



配置のルールは、
・指定カードにあった区画に1枚ずつ置く。
・表の建物、裏の公園どちらでも可。
・同じ区画内で好きな順番に置いて良い。


以上です。

では、こんな感じで
家に隣接して工場配置すると点数が低いので
公園で配置します


なお、公園を3枚以上配置したプレイヤーは公園アクションチップを使うかどうか決めます。使わなくてもチップは支払います。



公園のアクションは2枚のタイルの配置を入れ替えます。

公園アクション発動!
やってもやらなくても払います
オフィスは連鎖が大事なので交換!

次ラウンド準備フェイズ

選ばれなかったタイルを袋に戻します。袋は左隣のプレイヤーに渡します。




ゲーム終了&得点計算

12ラウンド終えたら終了します。メモパッドを使った方が簡単です。各建物の得点を計算し、総得点が1番高いプレイヤーの勝利です。




レビュー

袋からタイルを引く運と先を見越した配置の戦略のバランスが良いゲームですね。お互い何を狙っているか伺ってる姿が面白いです。




ただし、タイルのセットに偏りが生まれるとドギツイ展開になり少し冷めます(笑)チェーンの連鎖や工場地帯の建設で高得点狙いがスカッとするんですが、そこは運次第なので…




街コロ」とは違った街づくりが楽しめる作品になっています。どちらも2年生くらいがベストですかね。1年生でもできますが面白さが伝わりづらいかと。




ちなみに現在Amazonでは28000円(2020/5/27現在)ですがコレクター価格なので間違えないようにしましょう。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.