ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ガニメデ戦記」ブラックジャックとデッキ構築の新感覚ゲーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




学校が夏休みに入り子どもたちとゲームすることが増えました^ ^
それもあと1週間ですが‥今の時間を大切にしたいと思います。




本日は「ガニメデ戦記」のレビューです。

ゲーム名ガニメデ戦記
作者佐藤敏樹
プレイ時間10分
プレイ人数2〜3人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

自分の部隊と増援部隊でデッキを構築していき、ブラックジャック要素で戦います。



内容物

(上)
・ゲームボード 1枚

・プレイヤーコマ 3個

・先行表示コマ 1個

(下)
・緑カード 6枚

・赤カード 6枚

・黒カード 18枚

・紫カード 12枚

ゲーム準備

ゲームボードに選んだ色のプレイヤーコマを「15」のマスに置きます。これはHPを表します。自分の色のカードセットを受け取ります。



黒カードを数字ごとに分けて並べます。先攻プレイヤーの「First Strike」に先攻表示コマを置きます。



先攻プレイヤーから順に黒カードから1枚選び自分のデッキに加えます。7枚になったカードをシャッフルし出撃デッキを作ります。

このカードをチョイス!

ゲーム進行

初期フェイズ

両プレイヤーはデッキから1枚引き表向きにします。引けない場合は使用済みデッキをシャッフルし新たにデッキを作り直します。

ドローフェイズ(先攻)

先攻プレイヤーはデッキから1枚引き、自分だけ確認し裏向きのまま表向きのカードに数字が見えるように重ねます。




裏向きカードは3枚まで引くことができます。ただし、合計「21」を超えた場合引くことはできません。

「15」かぁもう引けないかな

ドローフェイズ(後攻)

後攻プレイヤーは先攻プレイヤーと同じようにプレイします。



ショウダウンフェイズ

両プレイヤー同時にカードを表向きにします。カードの数字を合計します。これを「強さ」とします。黒カード(3、10、A)の効果を先攻プレイヤーから処理します。

緑はバーストだったか!

ダメージ算出フェイズ

「強さ」の大きいプレイヤーがダメージを与えます。ダメージはカードの枚数分です。強さが「22」以上の場合強さは「0」です。強さが21ピッタリだと追加で1ダメージ与えます。




同じ強さの場合、どちらもダメージを受けます。どちらも22以上なら両プレイヤーダメージを受けません。

「7」の効果で4ダメージ!

お掃除フェイズ

ダメージを受けたプレイヤーは今回使ったカードから任意の1枚を選びゲームから除外します。



両プレイヤー除外しなかったカードを使用済みデッキとして表向きに置いておきます。

左は除外カード右は使用済みデッキ

増援フェイズ

ダメージを受けたプレイヤーから順に黒カードを1枚選択して受け取ります。どちらもダメージを受けた場合や受けなかった場合は先攻表示コマを持つプレイヤーから選択します。




エンドフェイズ

HPが多く残っているプレイヤーが次の先攻プレイヤーです。同じ場合、先攻表示コマを持つプレイヤーからです。初期フェイズからまた行います。




ゲーム終了

HPが「0」になったら終了です。HPが残っているプレイヤーの勝利です。同時に「0」になったら先攻表示コマを持つプレイヤーです。




レビュー

ブラックジャックとデッキルディングを合わせるは斬新ですね。思わず購入してしまいました。絵も男心をくすぐります。




初期のカードの数字が基本的に大きいので黒カードで調整が必要です。黒カードは様々な効果があるので使いどころは間違えないように。




プレイ感も軽いのでサクッとできます。なお、2人協力プレイや3人プレイでできますので1回で終わりません(笑)
1つのプレイ仕様だけでないのでお買い得ですね。
ブラックジャックやデッキビルディングの入門に。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.