ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「三津浜」どこか懐かしい雰囲気で目利きと競りが楽しめる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




前からですが少しづつ相方や子どもたちに協力してもらい積みゲーを崩しています( ̄▽ ̄)色んなゲームやっていると「この子はこれが苦手なんだ」と特性が分かりますね。早く重ゲーやりたい!(笑)




本日はどこか懐かしい雰囲気漂う「三津浜」のレビューです。

ゲーム名三津浜
作者鈴木一馬
プレイ時間30分
プレイ人数2〜4人
年齢10歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

獲れた魚を競りにかけてお店に卸していきます。魚も1匹1000円の価値を持っており、上手に在庫を管理しお金を稼ぎます。




内容物

・(上左)お金カード 32枚(8枚×4セット)

・(上右)倉庫カード 8枚(2枚×4セット)

・(下)割烹カード 5枚



・倉庫番キューブ 16個(4個×4色)

・サイコロ 4個(赤:メバル、黄:ハギ、黒:タチウオ、白:マダイ)




ゲーム準備

割烹カードを好きな面を表にして並べます。各プレイヤーはキューブを3個と倉庫番カード、お金カードのセット(10000円と5000円を2枚ずつ、他は1枚ずつ)を受け取ります。残りのキューブはよけておきます。使わない色はしまいます。





ゲーム進行

手番プレイヤーはサイコロを4個振ります。出目が獲れた魚を表します。サイコロを出目の合計が1〜9になるように選びます。選んだサイコロが競りにかけられます。




競りが終了したら、購入した魚を割烹に魚を卸すことができます。次のプレイヤーに手番が移ります。

ちょうど9で競りを開始

競り

手番プレイヤー以外が自由なタイミングで魚を買う金額かパスを宣言します。示された魚は全て購入するものとし、パスするとその競りでは宣言できません。




1人を除く全員がパスしたら金額が確定します。手番プレイヤーは確定した金額で魚を売るかその金額で自分で購入するか選びます。




魚を売る場合、値付けしたプレイヤーはお金カードと自分の持つ魚を組み合わせて確定した金額になるように手番プレイヤーに支払います。なお、魚は1匹1000円の価値です。





競りにかけられた魚は支払いに使えません。お釣りはありません。

8000円で売った!

手番プレイヤーが購入した場合、値付けしたプレイヤーに上記と同様に支払います。





なお、最初から全員がパスした場合、手番プレイヤーは好きな額で購入するかパスします。支払ったお金は除外され、パスした場合は誰のものにもなりません。

倉庫に魚を増やす

仕入れた魚はキューブを倉庫番カードに置いて示します。1つの倉庫に1つだけしか置けません。




上限を超えたら余剰分は手に入りません。他の倉庫番からキューブを移すことはできますが、前にいた倉庫の魚は破棄します。

卸し

魚を買ったプレイヤーは割烹カードに記された魚を倉庫から支払うことで魚を卸すことができます。





割烹カードの金額の高いスペースの上にキューブを置きます。ゲーム終了時にその金額が支払われます。





競りで売ったプレイヤーが支払いで魚を得た場合、魚を購入したプレイヤーの後に売ったプレイヤーも卸すことができます。





1度に幾つの割烹に卸せますが、同じ割烹には1度しか卸せません。倉庫からキューブを移動することもできますが、その倉庫にある魚は破棄します。

さてさて、卸しますか

倉庫番の追加

プレイヤーはいつでも自分の色の倉庫番キューブを10000円で購入できます。お金と魚を組み合わせて支払っても構いません。




ゲーム終了

割烹にキューブが合わせて4人戦=6個、3人戦=5個、2人戦=4個置かれたら終了です。




手札のお金カード、倉庫の魚(1匹1000円)、割烹に卸した金額の3つを合計し、一番高いプレイヤーの勝利です。





レビュー

2019年のゲームマーケットで購入しましたが、意外にも子どもにも人気でした。4年生くらいが競りの面白さが理解できる年齢ですね。




2人戦の競りは金額の宣言が1回しかできないので駆け引きが大事です。3人プレイからがオススメです。



なお、確実にキューブが足りなくなるのでキューブを追加するタイミングが非常に難しいです。でも、僕は絶対に必要だと思います。4個目無くして勝ち目なし!





ポイントは魚も1匹1000円として支払いに使えるのでちゃんと資産になります。得点計算が3つあるので何で稼ぐかが考え所です。




もちろん割烹が大きい点数なので積極的に狙いたいところ。サイコロを使用することで運要素が絡むので子どもにもウケるのかもしれません。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.