ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール】将棋やチェスが苦手な人でも100%大丈夫!「ガイスター」

2018/10/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。K-damaです。

 

今までカードゲームの紹介が主でしたが、

やっとボードゲームらしいゲームを紹介します。

 

現在、オセロ世界大会で日本人最年少11歳の子が優勝しましたね!

 

昨年は、将棋で藤井聡太さんが将棋界を盛り上げてくれました!

 

ハロウィンも近づいてきましたし、次はこれでしょう!

 

その名も…「ガイスター」

ゲーム名 ガイスター
作者 アレックス=ランドルフ
プレイ時間 10〜20分
プレイ人数 2人
年齢 8歳
プレイ感 超軽量級
ルール難易度

 

漫画、『さいころ倶楽部』でも取り上げていましたが、

2人用対戦型ならまずガイスターやりましょう(笑)

 

アレックス=ランドルフは、来日し将棋を学びそこからヒントを得たとか。

将棋スゲー!!

 

ゲーム概要

以下の条件を1つでもクリアできれば勝ちとなります。

①相手の良いオバケ(青)を4個ともつかまえる。

②自分の悪いオバケ(赤)を4個とも相手に取らせる。

③自分の良いオバケ1個を相手側の矢印マスから外へ出す。

悪いオバケ(赤)を矢印マスから外へ出すことはできません。

 

 

入っているもの

   

・ゲームボード 1枚

・オバケコマ 16個

 

オバケコマは、赤と青のマーカーを背中に差し込みます。

赤→悪いオバケ

青→良いオバケ

 

ゲーム準備

1、各プレイヤーは青と赤のオバケコマを各4個ずつ取ります。

 

2、ゲームボードを4隅にある矢印が左右に向くように置きます。

 

3、各プレイヤーは相手にオバケコマの色が分からないように、

自分のオバケコマを配置します。

このように8マス以内であれば、自由に配置できます。

 

ゲームの進行

1、順番を決め、交互に手番を行います。

 

2、手番が来たら、自分のオバケコマを1個選び、前後左右のマスに1マス分移動します。

斜めには移動できません!

自分のオバケコマが既にいるマスにも移動できません!

 

※相手のオバケコマのいるマスに移動したら、相手のオバケを捕まえたことになり、

ゲームから除外します。

 

その時にオバケの判定を行います。

捕まえたオバケは将棋のように再使用はできません。

 

ゲームの終了

ゲームの終了は「ゲームの概要」で書いた通りです。

 

レビュー

これは、将棋やチェスを知らなくてもできるので入りやすいです。

 

技術よりも心理戦なので、実力差が明確に出ない点もいい!

 

子どもと3戦やって全敗した時もあります( ;∀;)

 

「ブラフで押し通すか!」と作戦を立てても素直な作戦にやられて

自分の心の醜さを露呈されたりします(笑)

 

8歳〜とはありますが、4〜5歳でもいけると思います。

 

ガイスターに慣れてから、将棋やチェスをやってみてはどうでしょう^ ^

 

コンポーネントもシンプルで子どもが触れやすく優しいです。

 

「将棋やチェスはやらないけど、ガイスターは極める!」みたいな子がでてきたら、面白いかもしれませんね!

 

ガイスター大会やりたいなー

 

運、確率
戦略性
交渉、立ち回り
心理、ブラフ
相手への攻撃性
コンポーネント(パーツの外観)
全体評価

 

ポイント・超軽量級
・将棋やチェスへのステップアップ
・心理戦
・実力差が出ない

 

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2018 All Rights Reserved.