ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール】将棋はまずこれで覚えよう!「どうぶつしょうぎ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
K-dama
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。K-damaです。

 

ふと仕事でおもちゃ整理してたら、見つけてしまいました。

 

「そーいや、いつ買ったんだっけ?」と忘れてたぐらいです。

 

「どうぶつしょうぎ」

箱がボロボロになってますね(笑)

ゲーム名 どうぶつしょうぎ
作者 きたおまどか、ふじたまいこ
プレイ時間 5分〜
プレイ人数 2人
年齢 4歳〜
プレイ感 超軽量級
ルール難易度

女流棋士の方が作っていますので、説明書が丁寧でほっこりします( ´∀`)

 

最初知った時、複雑な将棋をよくここまで

シンプルにしたものだと思ってましたが、

これまたシンプルすぎて深い…

 

ゲーム概要

ルールは将棋とほぼ同じです。

相手のライオンを捕まえるか、

自分のライオンが相手のエリア(一番奥)まで辿りつくと勝ち。

 

入っているもの

・将棋盤 1枚

・コマ 8個

 

めっちゃシンプルですよね〜( ̄▽ ̄)

 

コマの動き方

どうぶつたちの赤ポチがついている方向に1歩ずつ進むことができます!

 

ライオン→全方向に進むことができます。

 

ぞう→ナナメに進むことができます。(角の役割。ただし!1歩ずつ)

きりん→前後左右に進むことができます。(飛車の役割。ただし!1歩ずつ)

 

ひよこ→前に進むことができます。(歩の役割)

にわとり→両ナナメ下以外に進むことができます。(金の役割)

※ひよこが相手の一番奥にたどりつくと、にわとりになります。

 

注意点

①相手のコマをとる(キャッチ)と持ち駒として使えます。

 

②持ち駒を使うことができます。ひよこはひよこの状態で戻します。

 

③進む方向に自分のコマがいる時は、進めません。

 

レビュー

最初「簡単すぎて、余裕だわ」と思いましたが、

 

いざやってみると、非常に考えさせられます。

 

子どもとやって五分五分ですね(僕が弱すぎ?)

 

本将棋と同様にパスができないので、様子見ができません。

 

しかも、将棋盤が3×4マスなので無駄な行動するとやられます。

 

なので、本将棋を覚える前にまず「どうぶつしょうぎ」をやっておくと

 

勝ち筋や将棋の考え方が身につきます。

 

説明書にも「勝つための工夫」や「強くなるための考え方」「練習問題」

も載っており優しいです。

 

考えさせられるので、どうぶつしょうぎの大会とかあったら面白いですね^ ^

 

運、確率
戦略性
交渉、立ち回り
心理、ブラフ
相手への攻撃性
コンポーネント
全体評価

 

ポイント超軽量級
・将棋の前にこれ!
・絵柄が可愛い
・ルールがシンプルなのに深い

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
K-dama
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







Comment

  1. […] で、ボードゲームに使える予算が出てきました!昨年はボードゲームを買いつつ、「どうぶつしょうぎ」やツイスター、マスターシリーズを購入し定番どころは揃えたので、今回は10 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2018 All Rights Reserved.