ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「プルンプザック」必要なのは記憶力!老若男女楽しめるハンカチ落としボードゲーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




明日は居酒屋でボードゲームをやるので何にしようか選択中ですが「あれもいいな、これもいいな」ってなっちゃいますね(笑)





とりあえず大箱はあと2〜3個ありますが、小箱の幼児用ゲームの紹介はあと少しで終わりますσ(^_^;)




本日は記憶力ゲームでもかなり難しい「プルンプザック」です。

ゲーム名プルンプザック
作者Reinhard=Staupe
プレイ時間15分
プレイ人数2〜5人
年齢5歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

カードに描かれた絵を覚えて、プルンプザックの止まった場所のカードに何が描かれていたか答えます。



すでに表になっているカードにプルンプザックが止まるとカードを獲得できます。先に6枚獲得したプレイヤーの勝利です。



入っているもの

このカードが動き回ります

・プルンプザックカード 1枚


・カード 49枚


ゲーム準備

1、プルンプザックは脇に避けておきます。カードをシャッフルし、8枚のカードを輪になるように並べます。矢印が外側になるように並べます。



2、この時、全プレイヤーはカードの絵を30秒間で覚えます。矢印と数字は覚えなくてもオッケーです。裏向きにしてスタートします。



ゲーム進行

1、スタートプレイヤーの右隣のプレイヤーが好きな場所にプルンプザックを置きます。

2、プルンプザックを置かれたプレイヤーはカードの絵を答えます。正解した場合は、矢印の方向に数字の分だけプルンプザックを進めます。



「電球」を当てたら右に4つ進めます

3、続けてそのプレイヤーは止まったカードの絵を答えます。正解している間は手番が続き、プルンプザックも動き続けます。




4、プルンプザックの止まったところが、すでに開かれたカードの前で止まった場合はそのカードを獲得します。


ラッキー!右へ3だ!
カードゲット!

5、空いた場所に山札から1枚補充し、みんなに絵を見せて覚えてもらいます。新しいカードを覚えたら、表向きのカードを全て裏向きにして時計回りに次のプレイヤーの手番です。



※手番でカードの絵が不正解の場合は、手番は終わりです。全てのカードを裏返し次のプレイヤーの順番です。



いつでも、手番プレイヤーの右隣のプレイヤーがプルンプザックを好きなとこに置きます。



ゲーム終了

最初に6枚カードを獲得したプレイヤーの勝利です。



レビュー

隣の人が好きなとこに置くところがミソですね^ ^



プレイヤー自身が置けちゃうと無双する可能性があるからですね。8枚全て覚えられたら関係ありませんが(笑)



今までに紹介したゲームの中でも能力による部分が大きいゲームです。




なので、子ども同士でやる場合にあまりにも能力差が出てしまうなら運要素のあるゲームを取り入れた方がベストですσ(^_^;)m




ちなみに僕はこういう能力を使うゲームは好きですね。記憶力やスピード系は子どもとやっても五分五分だったりするので、年齢関係なく遊べます。




そういった意味でも子ども向けのゲームはおじいちゃんおばあちゃんにも向いているので、世代関係なくボードゲームを楽しめます!



運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
全体評価
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.