ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【イベント】ゲームマーケット2019春(1日目)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




2回目のゲームマーケットに参加してきました!今回は、前回と会場が違い「青海展示場」となり最寄駅も「東京テレポート駅」でした。





前回は間違って同人誌の会場に行ってしまいましたが、今回は降りて30秒といっても過言ではない近さ!

事前情報では「トイレ少ない」「電波悪い」「飲み物食べ物は持参」「空調ダメ」と散々な情報でしたが、






中の待機列に入ってみると意外に空調は効いており、過ごしやすかったですねσ(^_^;)





ただ、待機列は過去最多3500人を超えていたとか。(笑)僕は中に入れましたが、外はキツかったのではないでしょうか。

外にいた方々が続々と

とりあえず予約できなかったゲームをひとまず購入し、会場を見て回りました。




先ほども書きましたが、事前情報の会場とは裏腹に「トイレは余裕」「電波は悪くない」「過ごしやすい空調」「飲み物は持参」でした^ ^





ほとんどの人が「情報と違うな?」と思ったのではないでしょうか(笑)




Aホールはエリア・企業ブース、Bホールは一般ブースとなっておりました。ほとんどBホールにいましたが一部Aホールの様子をご紹介します。

エリアブースでは「DOMINA」さんのブースや「BakaFire Party」さん、「グループSNE」さんの列は長かったですね。

「桜降る代に決闘を」が有名ですね。

「ラディアスリー」さんでは「FILLIT」を作った中村良さんと一般の方が勝負してました!中村さんに勝てば景品を用意していました。


ちなみに僕が見た試合は一般の方が勝ちました(笑)

企業ブースでは、「ClaGla」さんの列がスゴかった‥もしかしたら一番長い列だったかもしれません。みなさんのお目当ては「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ」の本品と拡張ですね。

D6からトイレ近くまで伸びてました

Aホールの印象はこんな感じですね。ただ、Bホールは買うのに夢中で写真を忘れてました(笑)





ただ、前回も感じましたが、活気は一般ブースの方がありました。今回は試遊もできたので一人でしたが楽しめました!

戦利品

やはり気になるのは戦利品ですよね〜今回は前回購入できなかったゲームや軽中量級を中心に購入しました。

カエルの王国(イオピーゲームズ)

手番では「置く」か「広げる」だけのシンプルなルールですが、奥が深い陣地取りのアブストラクトゲームです。




実はウチで預かっている子どもたちを対象にテストプレイをしていただきました。子どもたちにも好評でまさに子どもから大人までという言葉がピッタリのゲームです。



ポンプ消防隊(シロップゲームズ)

トリックテイキングゲームですが、ただラウンドで勝った負けたを行うのではなくラウンド毎の課題を達成することを目標とします。





Twitterで話題になっていて予約しようと思ったら締め切っており、買えないと思ってたら購入できました。これで転売ヤーの餌食にならずに済みます(笑)


ゴシップアンドザシティ(ハレルヤロックボーイ)

二段階の足切り型マジョリティゲーム。ゴシップを他のプレイヤーと交換して集めていきますが、あまり足を突っ込みすぎないようにしましょう。消されちゃいますよ(笑)





GWに行われたフォアシュピールで話題になっていたので、ポンプ消防隊と同じく気になっていました。どちらも2人ではできないので人数集めなきゃ(´∀`)



肉の湧く泉(sin[studio])

自分のお店に来たお客さんをファンにしていくゲームです。ただし、満足な提供ができないとアンチになってしまうこともあるので気をつけましょう。





ブースで説明していたので思わず聞き入って「面白い!」と感じ購入しました!ただお客さんをファンにするだけでなく、策を使って有利に働くようにプレイしたりとやり込み度はあるかなと。



アビン・ガルヴ(Humming-Vamp)

ウイスキーを作るバッティングゲームです。タンクの容量に気をつけながら高得点を目指します。





カタログで見つけて「これは!」と思って購入しました!掘り出し物を見つけた感覚でしたね^ ^
実は日曜にもそんな気持ちになったゲームを購入予定です!



KOBE(luck movies)

様々な商品を売買してお金を稼ぎます。しかも、お互いの利益になるように様々なプレイヤーと良い関係を築けたプレイヤーが勝者となります。





こういうリアルに実在するテーマが好きなんですよねσ(^_^;)今回のゲムマ購入ではそんなテーマが中心となっています。



三津浜(タルトゲームズ)

サイコロを振って魚を仕入れてからプレイヤー同士で競りを行います。競りでお金を稼ぎますが、魚を卸してお金を獲得することもできます。倉庫番をどこに置くかが悩ましいゲームです。





予約していましたが、試遊させていただきました。魚を揃えようとするとその分プレイヤー間での競りが熱くなったりします。魚を仕入れる数はダイス目なのでなかなか思うようにいかないところもミソ。




デザイナーさんの故郷がモチーフのようでいい味が出てますね^ ^


ボブジテン(TUKAPON)

プレイヤーはお題をカタカナ語を使わずに説明し、他のプレイヤーに当ててもらいます。トニーが出たら、漢字しか使えません(笑)




色んなところで有名になりましたね。おかげで転売屋が味をしめていましたが、ここに来て購入ができました。ワークショップでも使いたいので、2と3も購入しようかなぁ‥



EAST INDIAMAN(David Wang Studio)

何も情報がなく、当日コンポーネントや値段で判断し購入しました。雰囲気はザ・ドイツゲームの趣ですね。プレイするのはもう少し先ですかね。


銅と銀の交易者(四等星)

マスを進んで資源やカードを獲得し得点にしていくゲームです。様々なファクターがあり、何を重視するのかが問われます。




プレイ動画を拝見し、面白いと感じた点と箱に記載されている「ロンデル+手札構築+拡大再生産」の詰め込みに惹かれました。



砂の国(Emperors4 Games)

前回のゲムマで購入できなかった1つです!魅力に気づけなかった力不足ですね。今回はきっちり予約しました!



日本語の説明書はなかったですが、ダウンロードできるのでヨシ!


神殿之謎(Emperors4 Games)

ここのサークルさんから4000円以上購入でいただいたゲームです。コンポーネントで判断しました。本当は今回続編を出すつもりだったようです。


ぶらり、ブルーノ(Emperors4 Games)

ヴェネチアのブラーノ島を巡って島を活気づけさせるのが目的です。ここまで集めたからには、他のゲームも集めたくなりました(笑)



パレオリシック(シェパードキット)

先史時代の台湾で自分の領域を拡大していく、親子向けの建設型開発ゲームです。残り在庫10個とか言われちゃうと弱いんですよね(笑)
子どもでも楽しめるようになっているので買って損はなかったかなσ(^_^;)




オーシャンクライシス(シェパードキット)

プレイヤーで協力して問題を解決していくゲームです。パレオリシックと同じく子どもと一緒にできそうなので同時購入!先行投資ですな。




追記

本当は購入したかったものが3つありました。



「へうげもの」「ベーリング海」「パラレルワールド拡張2」



特に「へうげもの」は完売しておりましたが、楽しませてもらい再販をお願いしました!




作者の方たちも学生かな?若くて勢いのあるサークルさんでした^ ^




確かに僕が歴史好きってこともありますが、カードに描かれている茶器は史実に基づいておりリーダーの方がwikiではなくちゃんと調べたそうです。





合戦、セットコレクションなどいくつかの要素が重なって990円は安すぎです(笑)もちろん原価割れ‥




僕としては2000円でも購入しますね!再販を考えているようなので、待ち遠しい限りです。

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.