ボードゲームを200個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【イベント】ゲームマーケット2019春(2日目)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




終わっちゃいましたねゲームマーケット。楽しんでいたせいもあるのか、あっという間だった気がしますσ(^_^;)




なんだかんだでエリアや企業ブースにはほぼいませんでした。ナインブレイクは試遊して、子どもたちに購入しました。

他にもごいたを学びました。三角ごいたは持っているのですが、やり方が理解できなかったので良い機会でした^ ^



しかも、全自動卓!!

これで子どもたちにもごいたを広められます。定石があったりとかなり深い伝統ゲームですね。





特設やエリアではこんな感じでしたね。

ごいた会場とキッズコーナー
すごろくやさんと巨大キャプテンリノ
親子でボードゲーム会場

戦利品

予約は2ブースだったはずなのに結構購入しましたね。土曜が中量級が多かったので、日曜は軽量級や試遊して決めました。


にゃんこパイレーツ(らなとパパ)

サイコロの出目で冒険へ行くための武器や盾を入手し、冒険へ出かけて宝石を獲得していきます。他のプレイヤーと協力するか一人で行くかの判断に加え、チキンレースの要素もあります。



土曜日の夜、改めて見落としたゲームはないかとカタログの中から見つけました!1日目の購入ゲームは少し重めだったので、手軽にできるゲームが欲しかったので良かったです。
コンポーネントもこのサイズ感にしては多く、イラストも可愛いですね。




エブリバディフィッシング(GANDA GAMES)

サイコロを振って魚カードを獲得します。条件によりミッションカードも獲得できます。




カタログで見つけた気になってたゲームです。「宝石の煌めき」のようにミッションカードがあったりとシンプルで且つ馴染みのあるシステムが印象的でした。


マケランディア(マケランディア)

チームに分かれて対戦していく戦略ゲームです。敵味方の手札を読み合いながら的確な戦略を立てていきます。距離による有利不利があるのでやりごたえありです。




たまたま試遊が空いていたので吸い込まれました(笑)絵がシュールでかわいいですね。味方の手札も確認できないので阿吽の呼吸が求められます。ただ、4人からなので、人数を集めるのがネックです。



ジャックナイフ+拡張(Take Tale Table)

親と子に分かれて子のカードを攻撃していくシンプルなゲーム。読みだけでなく一歩踏み込む覚悟が必要になります。





2018秋に出たゲームで今回拡張が出たので同時購入しました。「RED OUT」のようなヒリヒリ感がたまらないので、こういうゲームは導入に重宝します。



ボブジテン2、3(TUKAPON)

土曜日に引き続き2、3も購入しました!これでワークショップができますね。これはいくらあっても困らないです^ ^



シルク(此木創遊The Wood Games)

養蚕家となって絹を収穫していくダイス・エリアコントロール・ワーカープレイスメントゲームです。





前回参加したゲムマで発売延期になり、待望していたゲームです( ´∀`)次回は「太極」というゲームを出すようなので、次回にも期待です。



エイジオブユリシーズ(サザンクロスゲームズ)

サザンクロスゲームズさんの最新作。トランプが別に必要な2人用ゲームです。公益ゲームですが、事前予約サービスでいただきました。



エイジオブフェアー(サザンクロスゲームズ)

釣り銭コントロールゲームという不思議なゲーム。ただし、あまり細かすぎてもダメで「ある程度」という曖昧な表現しかできません(笑)




エイジオブプロモート(サザンクロスゲームズ)

いかに上級貴族に取り入り、出世していくかが鍵のゲームです。Twitterで「在庫残り僅か」に押されて購入しました(笑)



エイジオブサモナー(サザンクロスゲームズ)

プレイヤーは召喚師となり、聖霊を召喚し得点を稼いでいきます。「300回遊べる」という触れ込みから購入しました。その1時間後、予約を締め切っていたのでギリギリでした。




まとめ

2日目は試遊したり、特設ブースで遊んだりできました。どうしても2日目は1日目に比べて少ないので、遊ぶなら2日目ですね^ ^




他にも中古で購入したゲームがありますが、どちらかというと同人ゲームを応援したいので個別記事にして1つずつ書いていきます。




子どもたち用にも購入しましたがそれもまた個別記事にて(笑)




両日参加して購入したゲームを眺めてみると、今回はサークルさんによる購入が多かったかなと‥
なので1つのブースで5000円越えもチラホラσ(^_^;)




前回参加したゲムマにて購入できなかったゲームの回収に費やした感があります。




今回は買えなかったのが、少なかったので次は色んなサークルさんのゲームが買えるかなと‥その前に貯金します!!(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.