ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ボブジテン」カタカナ禁止!ただ、盛り上がること必至のパーティーゲーム

2019/06/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




今週は仕事もプライベートも色々あり過ぎててんやわんやです(笑)





ただ、しっかりとボードゲームは遊べているので幸せですね( ・∇・)





行く末は団体立ち上げてボードゲームで色々していきたいと考えるようになりました。





本日は、「初めてのがっつりボードゲーム会」でプレイした「ボブジテン」をレビューしていきます。

ゲーム名ボブジテン
作者(サークル名)Kazuma(TUKAPON)
プレイ時間30分
プレイ人数3〜8人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

プレイヤーはカタカナ語(外来語・和製英語・英語の音訳に漢字を当てたもの)を使わずに説明し、他のプレイヤーに何を説明しているか当ててもらいます。




入っているもの


・カード36枚



ゲーム準備&ゲーム進行

1、カードをシャッフルし、山札を作ります。スタートプレイヤーを決めて始めます。




2、山札から1枚めくり、お題が他のプレイヤーに見えないようにします。お題は山札の一番上の数字と一致する数字です。

「6」なので「シートベルト」がお題です。

3、プレイヤーはカタカナ語を使わずに説明します。他のプレイヤーは1度だけ回答でき、お題を当てたプレイヤーが得点を獲得します。





4、お題を出したプレイヤーは手札を得点にし、当てたプレイヤーは山札から1枚引いて得点にします。得点したカードは各プレイヤーの前に置きます。




5、当てたプレイヤーが次のお題を出し繰り返していきます。





特殊カード「トニー・デイヴ・ジョージ」

特殊カード「トニーが来た」があります。


このカードが表示されたら、「単語のみ」で説明します。



ちなみにボブジテン2では「デイヴ」で「身振り手振り」で説明し、ボブジテン3では「ジョージ」で「漢字のみで説明します。



ゲーム終了

残りのカードが1枚以下になった時のお題で解答を最後まで行うと終了です。獲得したカード1枚=1点で一番多く獲得したプレイヤーの勝利です。




レビュー

ずっと気にはなっていましたが中々手に入らず、転売ヤーが倍の値段をつけてくるので購入できませんでした。




しかし!今回のゲームマーケットで1〜3購入することができました^ ^




説明力が試されるのでワークショップでも使っていこうかなと考えています。




居酒屋でプレイしましたが盛り上がりましたね。予想通りというか期待通りというかσ(^_^;)





説明が上手ければガンガン得点が入っていくシステムなので理にかなっています。ゲームマーケットでは1500円でお手頃なので1つあったら便利です。




手に入らない場合は「カタカナーシ」というゲームもあります。まだ手に入れていないので機会があれば‥1〜3あるから買わないかも(笑)

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ジレンマ、ブラフ
相手への攻撃性
説明力、プレゼン力
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.