ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ヘックメック」ダイスは振るだけじゃない!ダイス選択が勝敗を分ける!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




投稿が1週間ぶりになっちゃいました(笑)
更新ペース乱れると空いちゃいますねσ(^_^;)
その代わり色々と遊べたので乞うご期待!




本日は何故か完全日本語版がないクニツィア先生の「ヘックメック」をご紹介します。

ゲーム名ヘックメック
作者ライナー=クニツィア
プレイ時間20〜30分
プレイ人数2〜7人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ダイスを振り、出た目を選びながら数字を足していきイモムシタイルを獲得していきます。

入っているもの(コンポーネント)

・イモムシタイル 16枚(21〜36)
・ダイス 8個(1〜5とイモムシ)

ゲーム準備

1、タイルを数字順に並べます。これらをグリルと呼びます。スタートプレイヤーを決めます。

撮影上2列にしました

ゲーム進行

1、手番になったらダイスを全て振ります。出た目の内、1つの目を選びその目のダイスを全てとります。

5を選びました!

2、残りのダイスを振り直すことができます。振り直した際にまだ取っていないダイスの目を取ることができます。既に獲得しているダイス目は獲得できません。(イモムシ=5点)

イモムシを獲得
3を獲得します
最終的に28になりました
28を獲得します

3、ダイスを全て振るか6種のダイス目を獲得したら手番は終了します。上記のように任意で終了できます。




4、終了させるには必ず1個以上イモムシがあり、表向きになっているタイルの数値に達していることが必要です。

イモムシを獲得していないので失敗
合計25ですが、25以下がないので失敗

5、なお、対象タイルが他のプレイヤーの前に置かれている場合はそこから取ることができます。




6、対象タイルが自分のものか表になっていなければ、それ以下の一番近い数字のタイルを獲得します。

ピッタリ21なので相手から獲得します
25が出ましたが自分で獲得していたので近い23を獲得しました

7、イモムシタイルを獲得したら、自分の前に置いて新たにタイルを獲得したら上に重ねていきます。下のタイルは守られています。

8、イモムシがない・合計値がタイルに届いていない・サイコロがバーストして手番が失敗した場合、持っている一番上のタイルをグリルに戻して一番大きい数字のタイルを裏返しにします。

ゲーム終了

グリルのタイルが1つも無くなったら終了です。獲得した「イモムシの数」を合計し一番多いプレイヤーの勝利です。同点は最も大きい数字を持つプレイヤーの勝利です。


レビュー

ダイスゲームは運要素があるなぁと思って遊んで来なかったのですが、これは好きなゲームです。




キングオブトーキョーもそうですが、ダイスの振り直しと選択が非常にスパイスが効いているので、先を読む力が試されます。




相手から奪うこともできるので獲得して浮き足立ってられません。コンポーネントもしっかりとしており重みがあるので良くできています。




ただ、完全日本語版がなく日本語訳が回りくどいので最初はルールに苦戦するかもしれません。その際に参考にしていただければ幸いです^ ^

運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.