ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ショップ】彦根のボードゲームショップ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




またまた1週間ぶりの投稿になりましたσ(^_^;)




それもそのはず先週末は夏休みをもらい滋賀や京都に行ってきました!




目的は御朱印や100名城スタンプでしたが、彦根を拠点にしたのでピンと来た方もいるのではないかと‥




そう!「カロム」を仕入れに行くことが最大の目的でもありました(笑)





そしてTwitterのフォロワーさんに教えていただいた「みくちやギンザ」というおもちゃ屋さんに伺いました。

デデーン!って感じでありますねカロムが(笑)




昔ながらのおもちゃ屋さんです。おじさんが良くしてくれて端数はおまけしてもらいました。




「なんで知ってるの?」と聞かれたのでマンガで知りましたと答え、これから横浜から流行らせますよと言い残し後にしました(笑)

続いて彦根唯一のボドゲショップと言える「木の童具村」さんにも伺いました。




「大人のゲーム会参加していく?」と聞かれましたが、「いえ、新幹線が‥」と答えたらどこから来たのと会話が弾み、いろいろとお話ししました。




年齢層的にはイエサブさんとは違い、乳児幼児も遊べる知育玩具が中心でしたが「ソクラテスラ」や「ボブジテン」もあり幅広い年齢層にも対応していました^ ^




店員さんが「おもちゃコーディネーター」の有資格者の方で面白そうな資格だと思いましたが東京会場はタイミングが合わないので今年は見送りです‥





ちなみにここでは「ドメモ(木製)」を購入しました。ここでも少し割り引いていただいちゃいましたσ(^_^;)




ちなみにパソコンが苦手らしく通販には載っていないゲームも店頭にあるのでお電話の方が助かるらしいです(笑)




彦根に観光に来た際は寄ってみてはいかがでしょうか???

チラシでスイマセン‥

この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.