ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「空諺」ことわざから新しいことわざを作ろう!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




今週は忙しかったですが、やっと落ち着いたので週末は少し遊べました^ ^
予算も見えてきて購入したいゲームもチラホラ…早く年明けにならないかな(笑)




本日はゲムマ購入の「空諺(そらごと)」のレビューです。

ゲーム名空諺(そらごと)
作者Yuji Kosugi(yuzu labo)
プレイ時間15分
プレイ人数3〜6人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ことわざから新しいことわざを作ります。面白いことわざを作って得点を稼ぎましょう。



内容物

・カード 40枚


ゲーム準備&ゲーム進行

1、カードをシャッフルし、プレイヤーに3枚ずつ配ります。残りは山札とします。スタートプレイヤー(親)を決めて始めます。





2、親が手札からカードを1枚選び、中央に置きます。裏表はどちらでも構いません。その後、1枚引きます。

3、親以外のプレイヤーは場のカードと手札のカードを組み合わせて新しいことわざを作ります。順番は問いません。




4、ことわざを作る際は場のカードの上か下に手札のカードを繋げます。複数カードが出ている場合、一番上のカードか一番下のカードにしか手札のカードを繋げるはできません。

5、新しいことわざを作ったプレイヤーは30秒以内にことわざの説明をします。その後、山札から1枚引きます。




6、親以外の全プレイヤーがことわざを作り終わったら、親は一番好きなことわざを選びます。選ばれたことわざを作ったプレイヤーの前に置きます。場に残ったカードは捨て札にします。





ゲーム終了

プレイ人数が3〜4人の場合:全てのプレイヤーが2回終えたら終了。
プレイ人数が5〜6人の場合:全てのプレイヤーが1回終えたら終了。



自分の前にことわざが一番多いプレイヤーの勝利です。複数いる場合は面白いことわざを作ったプレイヤーの勝利です。




レビュー

まず最初に思うことが小さっ!と驚くほど小さいです(笑)




なので持ち運びは楽チン!ただし、飲みの席でプレイしましたが、聞いたことないことわざもあり作るのが多少難しく、人によるかもしれません。




対象年齢も10歳〜ということですが、もう少し上げてもいいかと…そこは学ですかねσ(^_^;)




何回かプレイは必要ですが、内容は少し堅く感じます。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.