ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「クデルムデル」いかに共通の絵を探し出すかが鍵!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。





こんな年の瀬に何をやっているんだって感じですが、年中働いている僕としてはあまり関係ないんです(笑)





今日もCUBEさんで挨拶がてらボードゲーム購入しましたし、ボドゲまみれの生活ですねσ(^_^;)





本日はキッズ(僕の仕事場)にあった「クデルムデル」をレビューしていきます。衝動で買ったものの子ども向けなので寄付しました(笑)

ゲーム名クデルムデル
作者ハイム=シャフィール
プレイ時間15分
プレイ人数2〜4人
年齢5歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

出来るだけ早くカードを7枚並べていきます。ただし、隣接する2枚のカードに同じ物がなければなりません。



内容物

(左から)
・カード 80枚

・ベル 1個


ゲーム準備&ゲーム進行

1、ベルを中央に置きます。全てのカードを裏向きにしてベルの周りに置いていきます。

枚数が多いのでこんな感じのイメージで


2、任意のプレイヤーがベルを鳴らし合図します。全てのプレイヤーが同時に7枚のカードを列にして並べることを目指します。




3、1枚目を自分の前に置き、次にめくったカードに同じ品物があれば右隣か左隣に置くことができます。

まず、1枚目!
カバンがあるので置けます

4、同じ品物が書いていない場合、置くことはできません。置けなかったカードは裏向きに戻します。

1つも共通な品物がないので置けません

5、なお、カードを置くことができるのは右端か左端のみで列の途中に割り込ませることはできません。




6、列が完成したプレイヤーはベルを鳴らします。間違いがなければ完成した列を受け取り、それ以外のプレイヤーのカードは裏返しにして戻します。




7、列を間違えた場合、自分のカードを戻し残ったプレイヤーでそのラウンドを続けます。間違えたプレイヤーはそのラウンドは参加できません。





ゲーム終了

場から最後のカードが引かれたら終了します。この時点で一番枚数の多いプレイヤーは間違いがない限りカードを獲得します。



一番多くカードを獲得しているプレイヤーの勝利です。



レビュー

結果的にはキッズのためになったし、レビューもかけたので良かったですが限りある資金で目的なくボドゲは購入しない方がいいです(笑)




プレイ感としては非常にシンプルで未就学児向けという感じですが、50代のスタッフさんからは「ボケ防止になる」というお褒め(?)の言葉をいただきました。




それなりのゲーマーさんには物足りないですが、初心者の方にはなれという意味であってもいいですね。



ただ、同じベルなら「スピードカップス」の方がメジャーで手に入りやすくアツくなれるかな。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2019 All Rights Reserved.