ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ひつじがいっぴき」ひつじの物語を追いながら数えていこう!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



またまた久々の更新となりましたが、ボードゲームで遊び、本を読んで学んでいたらやりたいことが少しづつ見えてきた気がします。




バイトも辞めるのでフルコミットでボードゲームに関わっていくことができます^ ^





本日は絵柄に惹かれて即買いした「ひつじがいっぴき」のレビューとなります。

ゲーム名ひつじがいっぴき
作者日野太郎、菅沼正夫
プレイ時間10分
プレイ人数2〜5人
年齢5歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ひつじを数えながら手札を減らしていき、おたからカードを獲得していきます。


内容物

(左)ひつじカード 36枚
(右)おたからカード 14枚


ゲーム準備

1、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。残ったカードは山札となります。



2、おたからカードはよくシャッフルして脇に置いておきます。




ゲーム進行

1、スタートプレイヤーは「ひつじが1匹」と言って、ひつじが1匹書かれたカードを場に出します。




2、次のプレイヤーは「ひつじがに2匹」と言って、ひつじが2匹になるようにカードを場に出します。

3、このように直前に出されたひつじの数よりも1匹だけ多くなるようにカードを出していきます。ひつじの合計が合えばカードは何枚でも出すことができます。

5匹ならこんな感じ

※「パス」…カードが出せない場合はパスします。パスしたら山札から1枚引きます。数はそのまま次のプレイヤーに手番が移ります。



「ひつじが1匹」のカード…直前の数字関係なしに出すことができます。ただし、1匹のカードを出して上がることはできません。この場合はパスします。

リセット!1匹から

4、手札が0枚になったらラウンドを終了し、おたからカードから1枚引きます。次のラウンドへ。




ゲーム終了

何ラウンドか行い、おたからカードが5点以上集まったプレイヤーの勝利です。



レビュー

これはジャケ買いってやつですね(笑)



原田みどりさんがイラストを担当しており、このゲームで初めて知りましたがカワイイ絵なので他のイラストも好きです^ ^


ゲームとしてはカウント系のゲームなのでルールは難しくなく、子どもと一緒にできます。


初心者会でも活躍したので重宝していくことになりますね。ただし、同人ゲームなので手に入りにくいのが難点です。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.