ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「オーク」動きの予測できない敵と戦う心理ゲーム

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



いよいよ今月でバイトを辞めるのでボードゲームにフルコミットすることになりました!




まずは今まで積まれてきたゲームたちをめでながら遊ぼうかと思ってます(笑)重ゲーを積極的にプレイしていきたいですね。





本日は先日新宿ゲームマーケットで購入した「オーク」のレビューです。

ゲーム名オーク
作者エミユウスケ
プレイ時間5〜20分
プレイ人数2人
年齢6歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

コマを動かして勝利条件を達成していきます。取ったら負けてしまうコマもあるので気をつけて勝負しましょう。



内容物

・コマ 20個(2種類×10個)


・ボード 1枚


ゲーム準備

各プレイヤー自分の色のコマを受け取り、ボードの初期マス(●の付いているマス)に配置します。並べ方は好きな配置で構いません。スタートプレイヤーを決めてスタートです。

ゲーム進行

1、お互い手番を交互にプレイします。自分の手番ではコマを1つだけ動かします。パスはできません。


2、コマの動きはコマの背中に方向や歩数に書いてあります。コマの先に自分のコマがある場合はそのマスへ進めません。相手のコマがある場合はそのコマを取ります。




勝利条件&ゲーム終了

勝利条件は3つあります。

1、相手の「キング」を取る。

2、自分の「キング」を相手のお城マスのどれかに到達。

3、自分の「ジェスター」を相手に取らせる。

ジェスターは取らないように!

レビュー

絵がポップでコマの動きが書いてあるので2人ゲームとしては未就学児など子どもにもプレイしやすい仕様ですね。




ゲームはガイスターとチェスをミックスしたイメージです。ガイスターと違い様々な動きができるので、迂闊には動かせません。



相手がどんなコマが見えないので、相手の動きを見つつ戦略を立てる必要が明日ので心理と戦略のバランスが肝となります。



ガイスターより動きがあるのでガイスターで慣れてからプレイすることをお勧めします。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.