ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「はぁって言うゲーム」声と表情だけでお題を当てられるか!?

2020/04/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




月末の親子でボードゲームに向けて購入したゲームのルール勉強をしてます^ ^
様々なボードゲームを触っていると色々とわかってくることがありますね。




「このゲームはあのゲームのシステムと近いな」「こう説明したら分かりやすいかな」など考えさせられます。




本日は気になっていた「はぁって言うゲーム」のレビューです。

ゲーム名はぁって言うゲーム
作者米光一成
プレイ時間15分
プレイ人数3〜8人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

お題カードをとアクトカードから各プレイヤーは自分に与えられたお題を声と表情で演じ、他のプレイヤーは何を演じているか投票します。



内容物

(左から)
・アクトカード 8枚

・お題カード 30枚

・投票カード 8枚

(左)
・得点チップ 56枚(1点×36枚、5点×20枚)

・投票チップ 64枚(8色×8枚)


ゲーム準備

1、各プレイヤーに自分の色の投票チップと投票カードを受け取ります。お題カードを1枚選び、中央に置きます。



2、アクトカードをシャッフルし、各プレイヤーに1枚ずつ裏向きで配ります。他のプレイヤーに見せません。スタートプレイヤーを決めてスタートします。

ゲーム進行

1、手番プレイヤーはアクトカードのアルファベットのお題を声と表情で演じます。


2、他のプレイヤーはどのお題を演じているか推測し、そのアルファベットの投票チップを自分の投票カードに裏向きに置きます。スタートプレイヤーへの投票は「No.1」に2番目のプレイヤーは「No.2」の場所に置いていきます。




3、全員の投票が終わったら次のプレイヤーが演じていきます。演技はアレンジを加えても良いですが身振り手振りは禁止です。

ゲームの終了

全プレイヤーの演技が終わったら、一人ずつ順番に回答を発表します。正解したプレイヤーは1点チップを獲得します。


また演技したプレイヤーは正解した人数×1点を獲得します。全プレイヤーの正解発表を終えたら得点計算し、一番多く得点を獲得したプレイヤーの勝利です。



レビュー

「ベストアクト」と言う名でリメイクされています。ベストアクトの方は持っていないのですが、お題が違ったりするのかな?





ゲームとしては演技力が試されるパーティゲームです。仲の良い人たち同士でプレイしてみると新たな一面が覗けるかもしれません(笑)




初対面同士だとその場のノリにもよりますが、演技が苦手だったりすると雰囲気が変わってしまう危険性をはらみます。




「パーティゲームが好き」「演技なら任せて」みたいな人がいると盛り上がります。そこは人によるのでメンツを見て判断してください。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
パーティ性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.