ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「デジャブ」君の記憶は本当に正しいか?記憶と度胸の頭脳ゲーム

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



コロナで厳しい中、風邪を引きました。熱はないので安心ですがやはりビビりますよね(^^;)



バイトを辞めたのでガンガンレビューを書いていきたいと思います。



本日は「ガキの使い」でも紹介された「デジャブ」のレビューです。

ゲーム名デジャブ
作者ハインツ=マイスター
プレイ時間15分
プレイ人数2〜6人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

順番にカードをめくり記憶していきます。同じアイテムが出てきたと思ったらタイルを早いもの順で獲得していきます。ただし、間違えたら脱落です。



内容物

(上)
・アイテムタイル 36枚

(下)
・カード 36枚



ゲーム準備

1、カードをシャッフルし3枚取り除きます。残りを山札として中央に置きます。隣を捨て札置き場として開けます。



2、山札の周りにタイルを広げて置きます。

ゲーム進行

1、時計回りに一人ずつ山札から1枚ずつカードをめくります。その際にカードの絵を覚えておきましょう。

2、各アイテムは2回登場します。2回登場したと思ったら各プレイヤーは他のプレイヤーに取られる前にそのアイテムを獲得します。



3、獲得したアイテムは全員に見えるようにします。アイテムを取るのはめくった瞬間でなくとも構いません。(一度獲得したアイテムは戻せません




4、カードに他のプレイヤーが獲得したアイテムが登場したらそのプレイヤーは脱落します。ラウンド終了まで参加できず得点を獲得することもできません。





5、山札がなくなるとラウンド終了です。ラウンド開始前に取り除いた3枚のカードを公開します。それらのカードに描かれているアイテムを獲得しているプレイヤーは脱落します。




6、残ったプレイヤーは獲得したアイテム分を得点します。合計3ラウンド行います。

どこかで見たような…
獲得しておこう!

ゲーム終了

3ラウンド行い、一番得点を獲得したプレイヤーの勝利です。



レビュー

これは記憶ゲームの中でも白熱しますね!



結構紛らわしいアイテムが多くすぐには断定できず、度胸がないと難しいかも(笑)



ガキの使いではことごとく脱落していきましたね^ ^
慎重になることも大事ですがある程度の決断力が必要となります。




最初の方で大きく得点しておけば相手はプレッシャーを感じ「多く取らなきゃ」となりミスが多発します。




未就学児でもいけるかと思いましたが「2回でたら」の説明が理解し難いかもしれません。




なので記憶ゲームですが意外に戦略も大事となります。2人でも楽しめますが人数がいた方が戦略性が表に出て面白いです。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
記憶力
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.