ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「アニマルマインド」もらうか断るか、その決断が命取り!?ジレンマだらけのセットコレクション

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



来週で予算を使い切らなければならないので備品の購入に大忙しです。その中にはもちろんボードゲームも(笑)今の所、20万くらい使ったかと思います。これも子どもたちの投資と思えば安いものです(´∀`)




本日は、最近じわじわと流行っている「アニマルマインド」のレビューです。

ゲーム名アニマルマインド
作者(サークル)Cacio(グループSNE)
プレイ時間30分
プレイ人数2〜4人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

山札から1枚引き、他のプレイヤーに商談を持ちかけます。持ちかけたプレイヤーは「商品の種類(色)」か「数字」のどちらかを正直に言います。


持ちかけられたプレイヤーは「受取」か「拒否」をします。そうしながら商品を集めていきます。



内容物

・カード 67枚(商品カード52枚、決算カード3枚、受取/拒否カード12枚)



・チップ 40個(1→15個、5→10個、10→10個、20→5個)



ゲーム準備

1、商品カードをシャッフルします。そこから5枚抜き決算カードを1枚差し込みシャッフルします。

2、残りの商品カードを同じ枚数くらいの3つの山に分けます。先ほどの6枚の上に1つ山を乗せ、その上に決算カードを1枚置きます。




3、更にその上に山を乗せその上に最後の決算カードを置きます。最後に残った山を乗せて山札の完成です。

4、各プレイヤーは色を選び、その色の受取/拒否カードを3枚受け取ります。2枚を「受取」1枚を「拒否」にして自分の前に置きます。

ゲーム進行

1、スタートプレイヤーを決めてスタートです。手番が来たら山札から1枚引きます。自分だけ確認し他のプレイヤー1人に「商品の種類(色)」か「数字」を伝えます。嘘はつけません。



決算カードを引いた場合、得点計算後もう一度同じプレイヤーが引きます。


2、伝えられたプレイヤーは「受取/拒否カード」の内、一枚を選びひっくり返します。



3、受取を選んだ場合は自分の前に置き、拒否を選んだ場合は相手の前に置くことになります。どちらの場合もカードは表向きにします。

4、商品カードは種類ごとに分けて枚数と数字が分かるようにします。並び替えはできず、受け取ったカードは一番上に置きます。


5、自分の前に置ける商品カードは3種類までです。4種類目を受け取ったら自分の前にある「枚数が一番多い」商品カードを全て捨てます。複数あるなら「一番上の数字が一番大きい」商品カードです。それも複数ある場合はその中から任意の商品カードを全て捨てます。

4種類目だー
ウサギさんを捨て札に

6、商品カードを誰かが置いたら次の手番プレイヤーです。



決算と得点計算

決算カードを引いたら得点計算に入ります。



計算式は、「商品カードの枚数×一番上の数字=得点」です。それを書く商品カードで行います。

(黄)4×0=0、(青)2×1=2、(緑)4×2=8 合計10点

ゲーム終了

3枚目の決算カードを引き、最後の得点計算後にゲームは終了します。一番得点の高いプレイヤーの勝利です。




レビュー

ここ最近学年問わず流行っているのでカードが傷む前にレビューしました(笑)




心理戦とカードを集めるという要素が非常に良く絡まっています。自分の得点は上げたいけど、相手の邪魔もしたいというジレンマが楽しいですね。




4種類目のカードを引いた時はどうしたら相手が受け取ってくれるか考えますし、欲しいカードなら相手が受け取りたくないように伝えなくてはなりません。



数字は0〜2までしかないのである程度の組み立ても必要となります。一番上は「2」が欲しいので「0」を最初に貯めておくとか。




セットコレクションのみ・心理のみではなく2つのゲーム性があるからこそ人気になったと考えます。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、立ち回り、駆け引き
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.