ボードゲームを350個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「シンデレラが多すぎる」意外な人がシンデレラ!?自分の陣営からシンデレラ候補を出そう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



ここ数日、相方とボードゲームをいくつかプレイし積みゲーが減りつつ購入しているのでちゃんと増えてます(笑)



本当に死ぬまでに全てプレイできるか疑問です♪( ´▽`)
本日は「シンデレラが多すぎる」のレビューです。

ゲーム名シンデレラが多すぎる
作者大気圏内ゲームズ
プレイ時間10分
プレイ人数2〜4人
年齢10歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

手札から1枚情報提供者として場に出していきます。途中、出された情報提供者について「N o」を出すこともできます。自分の手札からシンデレラが誕生するようにしましょう。



内容物

(上)
・チップ 9枚(OK各色4枚、NO各色4枚、グレーNO1枚)

(下)
・人物カード 18枚




ゲーム準備

各プレイヤー色を選びOK/NOチップを1枚ずつ取ります。人物カードを4枚ずつ配ります。残ったカードは山札です。



ゲーム進行

以下の手順で行います。

各プレイヤーの手番(2巡ずつ)

1、手札からカードを1枚選び場に出します。そのカードが持っている情報を宣言します。(例:シンデレラは〇〇ではありません)

シンデレラは黒髪ではありません!

2、宣言に対し、他のプレイヤーはチップのどちらかを裏向きで提示します。この際は手札を見ながら決めるといいでしょう。

3、提示しているチップを表向きにします。全員がOKならその情報は有効となります。ただし、1人でもNOを提示したらその情報は無効です。

それは通しません!
カードの上にチップを置きます

4、いずれもカードは場に残し、次の手番プレイヤーです。この手順を2巡行います。




山札からの情報提供者

山札から1枚引き、それまでと同様に場に並べ情報に対するチップ選択をします。

ラスト!

シンデレラ決定(ゲーム終了)

1、有効となっている情報を確認します。各プレイヤーは残った2枚の手札から条件を満たすカードを選び提示します。2枚とも条件を満たしていない場合、2枚とも提示します。



2、条件を満たしているカードが1枚のみならそのプレイヤーの勝利。複数いた場合、上位のプレイヤー。誰も条件を満たしていない場合、2枚の合計値を比較し上位が勝者です。ちなみにカードランクは低い方が上位です。それでも同点はより上位のカードを持ったプレイヤーの勝利です。

この状態だとします。
この場合、茶髪が無効なので「6」を選択します
金髪と茶髪が、1〜4が無効なので2枚提示します。
ヤングが無効なので「12」で。「終わったー笑」

レビュー

良い感じのジレンマが効いていて面白いです^ ^


手札補充がないので自分の手札からシンデレラ候補を出さなければならないので無茶な戦略を立てることがあり、それが結果的に笑いを誘います。




やろうと思えば男の人やネコでさえシンデレラにすることもできる面白さ、NOチップのタイミングにより結果が大きく変わってしまうジレンマ。




短いながらも程よく頭を使わせてくれる良ゲーです。もちろん人数が多い方が楽しいですが2人用ルールがちゃんとしているので問題はないですね。




子どもとやる場合は情報の否定なので頭の整理が難しいかもしれません。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.