ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「交易王」市場を見極め、交易王に俺はなる!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



遂に新1年生が入ってきました!また1からボドゲを教えるとともにそろそろ次のステップかなと思っています。が思っているだけかも(笑)




本日は僕がボードゲーム 集め始めのド初期に購入した「交易王」のレビューです。

ゲーム名交易王
作者ライナー=クニツィア
プレイ時間30分
プレイ人数2〜4人
年齢12歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

場札にある商品の需要を満たし、貨幣を獲得していきます。


内容物

・商品カード 60枚(6種類×10枚)

・貨幣チップ (1金・5金・10金)

・商品コマ 30個(6色×5個)



・特殊カード 20枚(船14枚・商館、荷役、協定各2枚)



ゲーム準備

1、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。残りは山札とし6枚場札として公開します。特殊カードの「船」を2枚ずつ配ります。


2、スタートプレイヤーを決めて初手番から商品コマを1個選び船カードの上に乗せます。全員が置いたらもう1周します。

ゲーム進行

手番では手順1から1つ行動し、手順から1つ行動します。

手順1

商品コマの交換

自分の船のうち、1隻の商品コマをストックから交換します。

市場の相場を掴め!

特殊カードの購入

カードに示された代金を支払い手元に置きます。特殊カードは何枚でも持てます。効果も累積していきます。


パス

上記の行動をどちらも行わず手順2へ移ります。


手順2

カードの決算

自分の手札から1色の商品カードを1〜6枚出します。出したカードは場札の任意の1枚に重ねます。

手番プレイヤーが出したカードと同じ色の商品コマを自分の船に載せている全てのプレイヤーは、手元のその色の商品コマ1個につき場札で出ている商品カードの枚数と同じ額の貨幣チップを獲得します。獲得したチップは伏せておきます。

手札の補充

山札から2枚引きます。




ゲーム終了

山札がなくなったら終了です。貨幣チップを一番多く持っているプレイヤーの勝利です。



レビュー

いつもクニツィア先生のレビューする時に言いますが、先生らしいジレンマが効いてますね。



決算した時に全てのプレイヤーに影響が出てしまうので、自分の得点を稼ぎにいくのか、相手の邪魔をするのかが分かれ目です。




あまり相手の邪魔をすると自分の手も止まるので微妙ですね。特殊カードは細かく紹介しませんでしたが、割高なので価値の見定めが必要です。ただ、船を何隻も購入してガッツリ稼ぐと大きいです。




戦略は考えなければ小1でも楽しんでいました。テーマの渋さや戦略とジレンマのゲームなのでいきなりプレイするのはオススメしません。




ボードゲームに慣れて運やスピード系でなく、じっくり考えて遊びたいならいいですね。歴史好きなら尚更オススメです。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.