ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「チケット・トゥ・ライド・ニューヨーク」タクシーでニューヨークを駆け巡れ!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。



本当に最近、普段出せなかったゲームを出しているので子どもたちのボドゲ力がめちゃくちゃ上がってます!



僕も勝てなかったりで大人との勝負に引けを取らない面白さです^ ^
いや、もはや大人と遊ぶより楽しいかも!4年生がジャストですね。




本日はチケライの入門「チケット・トゥ・ライド・ニューヨーク」のレビューです。

ゲーム名チケット・トゥ・ライド・ニューヨーク
作者アラン=R=ムーン
プレイ時間15分
プレイ人数2〜4人
年齢8歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

タクシーコマを置いていき、行き先チケットに書いてある目的地と目的地を結びます。結べないと得点計算時にマイナスになります。



内容物

横ですいません

・ボード 1枚

・タクシーコマ 60個(各色15個)

・スコアシート 1冊

・鉛筆 1本


(上)
・乗り物カード 44枚(6色×6枚、レインボー8枚)

(下)
・行き先チケットカード 18枚



ゲーム準備

1、自分のタクシーコマの色を選びます。乗り物カードを2枚配り、残ったカードは山札にします。



2、山札から5枚めくり表向きにします。その際、レインボーがある場合は全てを捨て札にし、新たに5枚めくります。


3、行き先カードを2枚配り、各プレイヤーは保持するか判断します。ただし、必ず1枚は保持しなければなりません。保持しないカードは行き先カード山札の一番下に戻します。山札はボード近くに置きます。

う〜ん微妙…

ゲーム進行

手番プレイヤーは3つの内、1つを実行します。


乗り物カードを引く

山札か表になっているカードから2枚引きます。表向きのカードから引いた場合、山札から表向きにめくります。手札として上限はありません。



表向きのカードからレインボーを引く場合、その手番は1枚しか引けません。
3枚以上レインボーになったら全て捨て札にして新たに5枚表向きにします。



山札がなくなったら捨て札をシャッフルして山札を作ります。

この場合、1枚しか引けません

ルートをつなぐ

手札からそのルートの色の乗り物カードをマス数と同じ枚数捨て札にします。つなぐルートに自分のタクシーコマを配置していきます。




灰色は全て同じ色であればどの色でも構いません。

赤のルートには赤のカードを使います

自分が繋いでいるルートに隣接させる必要はありません。プレイヤーが手番で繫げられるルートは1つだけです。



行き先チケットカードを引く

行き先カードの山札から2枚引きます。ゲームと同様に最低1枚は保持しなければなりません。保持しないカードは山札の下へ。



カードの内容と完成したかは明かしません。




ゲーム終了

1人のプレイヤーのタクシーコマが2個以下になったら、次の手番プレイヤーから全プレイヤーが1回手番を行い終了します。


得点計算は以下の得点の合計が一番多いプレイヤーの勝利です。


①各ルート、ゲームボードに表示されている点数表を参照に獲得します。

これなら2点です



②保持している行き先カードを公開し、完成したカードは表示されている得点を獲得しますが、未完成の場合はマイナスとなります。

完成しているので3点獲得



③繋いだルートに繋がっている観光名所1つにつき1点獲得します。

これなら観光名所が繋がっています

レビュー

このゲームは純粋に嬉しいですよね。オリジナルのチケライ(チケット・トゥ・ライド)だと子どもが全てを理解するのに時間がかかります。



その点、ニューヨークは大事な部分はしっかり残しつつ、ライトにしてあるのでこれが物足りなくなったらオリジナルのチケライですね(笑)



ゲームとしてはマップが狭いので人数が多いと結構ルートがぶつかるので、2、3人が面白いと感じました。



行き先カードをいかに完成させるか近い目的地など余程の理由がない限り、1枚持ちがベストかと。加点に対し、減点が大きいことがあるので。




大人でも子どもでもいきなりチケライやるよりは一回ライトなチケライを挟んだ方がいいと思います。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.