ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」うるさい烏を減らして残るが勝ち!

2020/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




ここのところずっと「宝石の煌めき」をプレイしまくってます。子どもたちがのめり込んでくれるのはいいのですが、僕の体力が…明日も再戦を挑まれているので頑張らなくちゃ…




本日はタイトルの長い「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」のレビューです。

ゲーム名三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい
作者ろい(ペンとサイコロ)
プレイ時間15分
プレイ人数2〜4人
年齢10歳〜
プレイ感軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

鳥が鳴いたら帰らなくてはならないので三味線を使い烏を鳴かせないようにします。



内容物

・メインボード 2枚(重ねて使用します)

・鳥カード 45枚(烏=27枚、蝙蝠=5枚、鶏=8枚、鶯=3枚、鐘=2枚)

・三味線カード 29枚


ゲーム準備

メインボードを重ねて「丑」が見えるようにずらします。鳥カードを3枚めくり鳥の種類ごとに分けて数が分かりやすいようにします。鐘カードが出たら戻しシャッフルし配り直します。



三味線カードを2枚引き手札とします。残りの鳥カードと三味線カードは山札とします。

ゲーム進行

手番が来たら次のアクションを行います。

カードを引く

それぞれの山札から鳥カードを3枚、三味線カードを2枚引きます。鳥カードは自分の場に公開します。鐘カードが出たら、捨て札にしてメインボードを1段ずらします。

3枚引いたら
重ねていきます。
鐘が出たら
ずらします。鳥が増えます

三味線カードを使う

自分の前にいる鳥をメインボードに書かれた数より少なくなるように減らします。減らした鳥は捨て札とします。三味線カードの使用枚数に制限はありません。




三味線カードには2つの使い方があります。

【カードに書かれた効果を発動】

【鳥を1羽減らす】

効果発動!まぁ三味線と同じ効果ですが…

手番終了の宣言

三味線カードが6枚以上ある場合、5枚になるように捨てます。ただし、鳥が規定数以上ならば脱落します。メインボードに複数の鳥が書かれている場合、いずれかの種類の鳥が規定数を超えていたら脱落です。

規定数8に対して10なので脱落です

ゲーム終了

最後まで脱落せずに残っていたら勝利します。


レビュー

この長いタイトルは幕末の長州藩出身の高杉晋作が唄ったとされています。訳すと「朝が来たら帰らねばいけない。ならばこの世の烏を全て殺してでもあなたと一緒にいたい」ってな感じです。カッコ良いですね。



ゲームとしては鳥が際限なく現れるので手札で処理していく訳ですが、カード運がないとすぐ詰みます。



特に2人プレイだとカードの循環が悪いので顕著に出るため、3〜4人プレイがオススメです。



だとしても鐘カードが出れば生き残る条件が厳しくなるので、プレイ時間15分は妥当です。



僕が高杉晋作推しを除いたとしても世界観はオススメです。

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.