ボードゲームを450個買い続けた僕が、後悔しない一生モノを提案するブログ

【ルール・レビュー】「ハイリスク」リスクを取らなきゃ勝てません!まさにチキンレース!

2020/04/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。

こんにちは。だまです。




う〜ん…こんな状況なのに次から次へと新作が発売されますねー。ゲムマが中止になったので仕方ないですが、お金がいよいよ追いつかなくなってきた(笑)




本日は「ハイリスク」のレビューです。

ゲーム名ハイリスク
作者トレヴァー=ベンジャミン&ブレット=ギルバート
プレイ時間20分
プレイ人数2〜4人
年齢8歳〜
プレイ感超軽量級
ルール難易度

ゲーム概要

ダイスを振り自分のコマを山頂へ向かわせます。ただし、欲を出してダイスを振りすぎると落下して山頂から遠ざかります。



内容物

・ボード 1枚

・登山者コマ 16個(4色×4個)

・ダイス6個



ゲーム準備

自分の色を選び、ボードのベースキャンプにプレイ人数に応じた数のコマを配置します。2人=4個、3人=3個、4人=2個

ゲーム進行

手番の最初では6個のダイス全てを振ります。全てが稲妻(危険)だった場合は自分の1番上に位置するコマが2番目に高い自分のコマの下の最初の空いている箇所に戻ります。(落下)

黄色コマの場合、
ここまで戻ります


もし、出目の中で山(上昇)と雲(天候)があったら脇に置きます。ここで手番を終了するか稲妻(危険)のダイスを振るか選択します。




2回目以降に振ったダイスが全て稲妻の場合も落下します。自分の手番を自発的に終了させることを選んだ場合、自分のコマを1つだけを選び脇に置いた山(上昇)のダイス分進めます。





ただし、前進したコマが既に他のコマがいる崖で止まる場合は、その崖にいたコマが次の空いているゾーンまで落下します。

赤いコマが2を出したので、
青いコマは落下します。

ちなみに崖は1つのコマしか止まれませんが、山頂・ビバーク・ベースキャンプは複数のコマが止まれます。



自分の振ったダイスが(振り直しを含む)全て山と雲だった場合は、再度自分の手番となります。(ブースト)





ゲーム終了

登山者コマを全て山頂に到達したらそのプレイヤーの勝利です。なお、山頂へ到達した場合の余った歩数は失います。




レビュー

前回レビューした「インパクト」同様にダイスゲームなので年齢問わず遊べます。



少しダイスの説明がややこしいですが、簡単に言うと、何回目でも振ったダイス全てが稲妻だったら落下するからどこかのタイミングで進んだら?と言うことです(笑)




ただし、全て雲や山ならブーストがかかるので一気にコマを進めることができるのでそこは運次第です。そこが進むか止めるのかのチキンレース的な醍醐味ではないでしょうか?




その点では「ウミガメの島」にも共通するところがありますが、いきなり振り出しに戻ることはない(場合によりますが…)ので振りたくなる衝動が大きいです(笑)




人生終わるわけではないのでチキンレースを堪能してみませんか???

運、確率
戦略性、論理性
交渉、駆け引き、立ち回り
心理、ブラフ、ジレンマ
相手への攻撃性
コンポーネント
オススメ度
この記事を書いている人 - WRITER -
だま
横浜で放課後児童クラブ(学童保育みたいなこと)の仕事で子どもたちにどのようなタイミングでどのようなボードゲームを提案すればいいか毎日試行錯誤しており、その成功失敗談も書いていきます。 日本にもボードゲームが文化として根付いたら面白いだろうな。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© おいでよ!ボードゲーム横丁 , 2020 All Rights Reserved.